« このお天気を逃してしまっては・・ | トップページ | 里芋:親芋株の試し堀り&今日の種まき »

2015年9月14日 (月)

土地の記憶&里芋の反省と期待&もろもろの様子

豪雨により被害に遭われてた皆様心よりお見舞い申し上げます。
救難救助その他 奔走された方々にはお礼を申し上げます。
まったく人事ではありません。 何かあったら避難する勇気が必要だと痛感いたしました。
今、住んでる土地の歴史をしっておく事は大切です。過去の洪水や災害 言い伝え 地名
土地の記憶を調べてみるのも防災 減災に役立つかもしれませんね。
まず 動物的感で逃げることです。。命があればなんにもいらないね 

9月12日里芋のマルチを剥がしました。
タイミングとしては6月頃には剥がすのが良さそうです
急に葉が枯れこんでしまった原因と自分なりに考えてみた
8月の前半だったか連日の猛暑が続いていた頃にハダニ・アブラムシ発生
雨が降らず葉の表面まで広がった 大きな葉が減って根元まで直接日光が差し込んで
マルチ内が高温にマルチ上部に広がった根が焼け株の急激な衰えが発生と推測。
7月頃までマルチの表面には白い根がびっしりだったが今はまったくありませんでした。
しかも同じ圃場で無マルチの区は葉ダニ・アブラムシが発生したにもかかわらず葉が枯れこまず今も青々しているので熱障害と判断しました。
このところ雨も続き涼しくなってから新葉が上がってきましたので株も夏バテから回復しつつあるようです。
今年の夏は特別に連日35℃ 37℃と異常な高温だったからね。
冷夏の場合はまた違って来るのでしょうね いい勉強だ

マルチを剥がして株元に軽く土寄せ 
初土寄せなので 手抜きといえばそうですね。 
Sh3i0894







光が差し込んでスカスカ 暑かっただろうね。。
Sh3i0895







8月29日に試し堀りの標準サイズの里芋こんな感じだったのです
親芋を除いて1.2kg  虫食い割れはありませんでした。
このままなら歩留まりは良さそうです。 潅水と高温マルチが幸いしたか
9月に入ってサイズの小さい孫芋がどの位に育っただろうか
芋の太りは結構短時間で進むのでこの凉しさが刺激になって芋成長に切り替わってくれたらいいな~ 
Sh3i0847

親芋の下側に根が集中
でも芋数があるのであとは重量だ




ワケギが出てきたエライ 
Sh3i0899







Sh3i0900







葉ショウガってこんな小さな種ショウガからいっぱいとれる 素晴らしい
Sh3i0887







農民 
Sh3i0883

|

« このお天気を逃してしまっては・・ | トップページ | 里芋:親芋株の試し堀り&今日の種まき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107802/61600574

この記事へのトラックバック一覧です: 土地の記憶&里芋の反省と期待&もろもろの様子:

« このお天気を逃してしまっては・・ | トップページ | 里芋:親芋株の試し堀り&今日の種まき »