« 残暑願いのオクラに花&レタス植え付け | トップページ | 外で蕎麦 »

2014年9月10日 (水)

地味な作業ですがコレ大切なのよ スギナ地下茎抜き

今日は、カボチャの栽培後を集中作業

昨年の秋にエンドウマメを蒔いてネットを二列作成。
 エンドウマメが終わったらネットにミニカボチャを登らせた使いまわし栽培
先日この棚を撤去、本日は、この状態からスタートしました。
Sh3i1328
 草やら何やらを乾いている所を集めて燃す
草を抜く





残渣が一通りキレイになったところで大切な作業。
昨年の秋からずっと耕していなかったので天地返し気味に鍬で掘り起こし
 はびこってしまったスギナの地下茎の撤去作業。
ここは手作業が肝心 機械を使うとスギナの地下茎が細かくなってしまって
そこからまた増殖しちゃいます。 面倒ですが欠かせない作業。
除草剤を使わない場合は必須作業と思います。
30㌢は掘る事になりますが・・特別なコツは無いです
疲れるのでゆっくりやりましょう。
Sh3i1350







撤去したスギナの地下茎  長いヤツが取れると快感です^^;
スギナの地下茎は放置せずに日干しにしてから燃やしちゃいましょうね。
Sh3i1349







スギナ撤去の後は、いよいよお次の栽培準備です。
苦土石灰3kg 堆肥40L 醗酵鶏糞15kg 菜種カス10kgを投入して
ミニ耕運機で混ぜ混ぜ  ここは機械の有り難さを感じるところ。
Sh3i1353
聖護院大根 白菜かな。。
数日肥料を馴染ませてから種まき 植え付けです。
 あー ワクワクする





しばらく雨が続きそうなので作業を終えてよかった~
地味な作業ですがコレ大切なのよ

ワケギの芽がもうこんなに伸びてきた
Sh3i1351







大根も発芽祭り
Sh3i1352

|

« 残暑願いのオクラに花&レタス植え付け | トップページ | 外で蕎麦 »

コメント

酸性度が強い土ということですが、石灰を使っても放っておくとやはり酸性化していくんですね。うちは今年借りたばかりの畑が借りる直前に前の借地人が石灰を土が白くなるほど播いてくれたのですがしばらくすると芝やスギナのオンパレド。今年の夏は様子見でジャガイモの捨てる予定だったものを植えておきましたら、種イモより小さな芋がとれました(笑)。今は刈草をせっせと積んでいます。ところどころで、やっと葉っぱの広い草が出るようになりました。

投稿: さきしなのてるりん | 2014年9月11日 (木) 09時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/107802/57333211

この記事へのトラックバック一覧です: 地味な作業ですがコレ大切なのよ スギナ地下茎抜き:

« 残暑願いのオクラに花&レタス植え付け | トップページ | 外で蕎麦 »