« 里芋 弥一を 初売りします。  | トップページ | 里芋 弥一 初掘りしました。 »

2011年10月 6日 (木)

里芋に自由を ではなく自由に

涼しくなる本格的に里芋のシーズンですね。 けんちん汁 や 豚汁など里芋が食卓の主役を脇役を固めることも多くなります。 ホクホクねっとりで里芋が美味しいです。

 で、思ったのですが里芋って若い世代の人って調理するのかな~ なんとなく郷土料理やお袋の味みたいな感じがします。 自分も若いってほどでもないですがあまり著理して積極的にたべる事がありません。 食べれば美味しいって思うけど。
固定観念があるのかな。もっと自由に使ってみたらどうだろう。

 洗って丸ごとラップに包んでレンジでチンでもホクホクねっとりになりますよ。
圧力鍋があれば楽勝です。10分もシュッシュしたらやり過ぎくらいかもしれません。
 里芋マッシュに玉葱とひき肉を炒めたやつを練りこんでコロッケの中身みたいにするとか
まさにコロッケにしてもいいですね。 フライド里芋ってのもいいんじゃない。
ジャガイモを使ってる料理はあるていど応用できそう・・ どんどんやってみたいです。

里芋は意外とアレンジ範囲は広いのかもしれませんね。 調理で化ける。あのねっとり成分のムチンは身体にいいらしいし

ちなみに 里芋の生産量 日本一は千葉県だそうです。
消費日本一は山形県 芋煮だな~ 

 里芋は、ずっと作りづ付けている不明品種(石川早生ではないみたい)と弥一芋です。
自分の里芋の弥一は、まだ20~25株程度しか栽培していませんので増産の為、10株は種芋用にします。 

弥一は試し掘りして芋の付きと味をチェックしてみましょうね。
単純に茹でて基本の味をチエック。 煮っ転がしにして調理の具合などを合わせてチェック。  

全ての野菜は農薬は一切使わず 化成肥料も使わないと初めた畑で採れたスパルタ栽培のお芋ちゃんです。 自分の野菜は全てそうですけど。。

|

« 里芋 弥一を 初売りします。  | トップページ | 里芋 弥一 初掘りしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 里芋 弥一を 初売りします。  | トップページ | 里芋 弥一 初掘りしました。 »