« コスモス | トップページ | »

2010年10月10日 (日)

久々のキノコ狩り あーうれし

今日は、雨も止んで午後からはお天気になり久しぶりのキノコ狩りへ行ってきました。

ターゲットは、アシナガ(ナラタケ)です。 毎年行く秘密のポイントです。山の様子はなんとなく秋が進んでない感じ。 木々は青葉がほとんどでした。

気温的には涼しくキノコ的には良いですね。雨も降って程よい湿り気。

Sh3i0315

まだ 出始めですね。でもなんだかんたで腰籠4杯くらい取れたでしょうか。 新たなポイントも発見したのでそれも大収穫です。 まだしばらくは楽しめそうな雰囲気。

これは、茹でてから冷凍保存して年末のお蕎麦やおもてなしの料理に使います。

今日は雨上がりでキノコが濡れてます。特に痛みやすいので速攻の処置作業です。

 キノコの処置の仕方ですが我家では、石づき(キノコの根元)の部分をハサミなどで切り落とすなど大きなゴミを取り除きます。(ここであまり細かい作業をすると形ぐずれと痛みが出ますのでザッとです)

 大きな鍋にたっぷりのお湯を沸騰させてからキノコをドバッと入れてササっと混ぜて再度沸騰したら30秒くらいでザルなどですくい上げて冷水にさらします。 茹でたキノコはしっかりとして壊れませんので流水など簡単にゴミがきれいになります。 茹でたお湯は黒くなりますが数回茹でられます。 冷凍の際はこの茹で汁を冷ましてキノコと混ぜてフリーザーバックで冷凍保存できます。 

このように下処理したキノコをお好みの料理につかいましょう。 

注意:キノコは図鑑等で調べても状況や地域によって異なる場合がありますので長年経験のある人に見てもらうのが一番です。採取の状況や生え方、などの情報も伝えると良いでしょう。 またキノコ全般に言えるのですが比較的消化が悪いので大量に食べないことが肝心です。 

母なる大地の恵みに感謝して ごっつあんです。 今年もありがとね。

 山栗(野生の栗)もけこう拾ったよ。今年は実の数も大きさも申し分ありません。最高に甘いのですよ。 小粒だけど普通の大きい栗が大味に感じる濃密な栗味なのだ。

今年の豊作はなんなんだ・・異常な気象に植物は敏感に反応して子孫を残す為に無理して実をつけたりするのでそれなのかな~と思ったりもして・・ 

数個ですが、苗にして山に返してあげる事にします。 野生では実から大きくなる確率はとても低いのです。 厳しいな~ 乾燥しないように袋などに入れて冷蔵庫で寒さに当ててから11月頃にポットに蒔いてみます。

しかし これまた ごっつあんでした。

|

« コスモス | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コスモス | トップページ | »