« 石窯ピザ焼き体験 8/8 | トップページ | サツマイモの蔓を料理してたべよう »

2010年8月11日 (水)

釜戸でご飯炊きやってみた。

釜戸でご飯炊きをやってみました。

Ca3a1818  米一升5合

  お釜は、なんと銅製の立派なお釜。  

  存在感ありますな~。

Ca3a1819

 で 米は軽く研いで

 

 

 Ca3a1821

 水加減はくるぶしのあたりで

 古典的ですが昔からこんな感じでいいんです

 

 

 Ca3a1822点火 始めちょろちょろ  意外と薪って少なくて炊けるんだな~

 

 一にも二にも火加減です 火は我が担当。

 この釜戸、最近の炊飯器のCMに使われてます。

   

Ca3a1825  窯の蓋から湯気シュッシュ 良い加減のところで

 火を掻きだして弱めます。

 じっくり蒸らしモード。

 

Ca3a1826 点火から約30分でふっくら バッチグ~でした。

 初めてで上出来きだあ~。

 底におこげも少しできてました オコゲは醤油振りまいてから こそげ落としてオコゲおにぎりになりました。

 昔はみんな釜炊きだったんだよね。 難しくはありません。慣れですね。

飯ごう炊きは、何度も経験あるけど釜はお初の体験でした。 釜戸ほしい。

ご飯は各種おにぎりとなってお腹の中へ。  米をもう少し長い時間水につけておいたらもっとふっくらできたかな。大満足のお昼でした。ハイ。 Ca3a1827

 釜戸の神様ありがとう。

|

« 石窯ピザ焼き体験 8/8 | トップページ | サツマイモの蔓を料理してたべよう »

コメント

その釜焚きのごはんを一膳ください・・・lovely

投稿: みみみ | 2010年8月11日 (水) 23時33分

どうぞ どうぞ オコゲもあるでよ。

投稿: かえる | 2010年8月12日 (木) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石窯ピザ焼き体験 8/8 | トップページ | サツマイモの蔓を料理してたべよう »