« 再びのはつか大根 | トップページ | 山畑のホウレン草を収穫 »

2010年4月 6日 (火)

低温感応って にんじん だいこん

ニンジンも大根も低温感応作物です。低温を感じてトウ立ち(花)します。

この前みたいに霜が降りると心配です。 大根は、蒔いて発芽直前の状態でも低温を感じて花芽が分化してしまうようです。 春蒔き用などの品種によっては鈍感なものもありますが限度があるようです。 大根は敏感ですね。 マルチ、トンネルなどを行い温度が高い状態を保つと感応をリセットできるようです。 早蒔きは保温だね。 天気が悪いとだめかも。。

 ニンジンは、ある程度の苗になるまでは感応しないみたいですがどの程度だろう。この前の霜事件の時には本葉が3枚になってましたが高さは2㌢ほどでした。

品種は春用の時無し五寸ニンジン(タキイ)でアリーチャンテネーです。調べたら花芽の分化ステージは展開葉枚数11枚らしいので今のところよかったわ。 そのころから10℃以下にさらされると花芽が分化するらしい。一定時間だとおもうけど・・  安定した暖かさは中旬以降かなー油断できません。

種 ニンジン 時無五寸人参(アーリー・チャンテネー) 11ml タキイ種苗

春蒔紅五寸人参(にんじん)(春まき)(332)

先日、山畑に蒔いた春蒔き紅五寸ニンジン(サカタ)です。 草の方が早く芽が出そうだ。

 東洋系より欧州系の方が低温感応が鈍いとの事。  極端な早蒔きに注意して最適な品種をまず選ぶことですね。

蒔きやすいコート種子も便利ですね。あの小さい種を特殊コートが施してあり米粒くらいになってます。間引きの手間を削減できるようですが発芽までの水分管理が大切。

 「じっくり育て100日間」  間引きと追肥がポイントとわかっているけどそれはそれ。

俺のニンジンの目標は味の良さ。

ミニキャロット 島ニンジンもこれから蒔きますよ。

本格的な春蒔きは初めてかもしれません。いつも秋冬収穫だったな。

-----

花凛さん みみみさん 上手くてできたら是非食べてほしいです。 結果は俺の仕事具合です。

|

« 再びのはつか大根 | トップページ | 山畑のホウレン草を収穫 »

コメント

にんじん・・・どうしてもプランターで上手にできないにんじん・・・
超甘いの作ってくださーーい
楽しみにしてます~
にんじんって夏?
島ニンジンはあっつい夏がいいみたいです
種買うときに言われました、まだ早いよーってヽ(´▽`)/

投稿: 花凛 | 2010年4月 8日 (木) 23時28分

ベビーキャロットはどうだい。
今回畑に蒔きましたよ。プランターでもつくりやすい。 ポイントは土だね。細かい粒子で比重(重さ)があって水はけが良くて水もちがいい。矛盾してるけどそうなんだね。石や未分解の有機物が有ると良くないみたい。 買った土ならフルイにかけて細かい土部分を使ったらどうだろう。粗いのはプランターの底に入れて水はけが良くなるようにするとか。。

言ってる俺もプランターで作ったことないので作ってみるかな。
きっと大きなニンジンは蒔いても数本まで間引くことになるのでしょう。水分管理も大変だろうな。

ぎぶあっぷしないでまた挑戦してみてください。

ニンジンも品種があるから春用夏秋用みたになってる。島ニンジンは沖縄在来品種で夏蒔いて収穫は2月とかそんな感じかも。根本的に夏用かもね。

島ニンジンならこちらは夏が短いので梅雨前か初夏に蒔いて12月ごろ収穫が良いかと勝手に思ってます。

ニンジンは、冬収穫が絶対的に甘い。
夏の終わりごろに蒔いて冬にも収穫できるように今年は挑戦します。

投稿: かえる | 2010年4月 9日 (金) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 再びのはつか大根 | トップページ | 山畑のホウレン草を収穫 »