« 干しベジは知恵と文化だ | トップページ | 『ちまぐ』料理してみた。そしてコラーゲンの泉 »

2009年12月 5日 (土)

晴れのち雨の作業 里芋掘った

本日、午後から雨の予報でしたが里畑を年内に整理しないといけないので朝から作業を実行。  まず連日の雨で畑の状態は悪いですが残っていた里芋を掘り出してみました。

 湿った土にやや苦戦しましたが15kgほど掘り出せたのでしょうか。放任だったのでやや小粒ですが小粒も利用価値があります。小さい芋は良く洗って皮付きで茹でます。熱々のところを切れ目をいれてぎゅっと押し皮が剥けたところに醤油をつけてパクリです。親芋は煮物にしたりマッシュ里芋にしますね。

 夏にお世話になったミニトマト 茄子、バジル エンツアイ ツルムラサキを残を片付けて草や根を取りながら鍬で耕しました。 暖かいので草がけっこう勢いがいいんです。草の芽も新たに生えてます。

エンドウマメが10㌢ほどになり遅い春菊も5㌢ほどになったでしょうか。 枯れた四角マメの蔓から茶色く固くなった莢を回収しました。来年用の種の確保です。

正午頃から予報的中で雨が降り出して間もなく本降り、今日は終了です。

ゴーヤーと四角マメのネットの片付けまで到達できず・・また次回となりました。

おたま菜をばら撒きで蒔いてみましたがちょっと遅いんだよね。こんな暖かな冬なら大丈夫だと思って一応ね。都合よく雨も降ってる。

スカーッと晴れないね。洗った里芋乾きません。

|

« 干しベジは知恵と文化だ | トップページ | 『ちまぐ』料理してみた。そしてコラーゲンの泉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 干しベジは知恵と文化だ | トップページ | 『ちまぐ』料理してみた。そしてコラーゲンの泉 »