« 島ニンジン&青梗菜 種まき | トップページ | キノコ採り行って来ました »

2009年9月21日 (月)

自作接木ナスの結果 接木はエライ

 今年は初めてナスの接木を行ったのです。 台木はトルバム。穂木は、中長ナスと庄屋大長ナス、台木、穂木共に種から育てました。 やっぱり接木苗は強いです。
今、接木でないナスは明らかにダウンで葉色も黄色くなり勢いがありませんし実の付きは悪いです。 
それにくらべて接木ナスは葉は真っ青で実もツヤツヤでまだ新葉も成長し収穫ペースが一定です。 同じ場所に植えてあるので土壌は同じ。 シルバーのマルチが張ってありますがそれだけの違いではないようです。
今年は、ナスの捕場が連作になってしまった(連作にしてみた)のです。 夏の盛りを過ぎてから自根株に連作の障害と思われる様子が出てきました。 明らかに接木の苗の効果歴然です。 本や資料ではよく語られていますが自分で試したらやっぱり接木はエライと実感。 接木苗を自分で作るのは結構大変だけど好きな穂木が選べるのがいいな。トルバムなら少量入りの種があった。
接木の台木もエライ。

接木作成のレポートが過去記事にあるので(あんまり詳しくないですが)サイト内検索でもしてみてくださいな。
また ナスの株の様子の違いを写真でUPします。

|

« 島ニンジン&青梗菜 種まき | トップページ | キノコ採り行って来ました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島ニンジン&青梗菜 種まき | トップページ | キノコ採り行って来ました »