« ナスの定植 中長ナス 大長ナス 米ナス | トップページ | うどん粉病対策を試してみた。 »

2009年5月31日 (日)

鉢ズッキーニの様子

鉢ズッキーニの様子

畑に植えた苗と同じ、ちょっと遅めの植え付けですが

畑の株の大きさの3分の1くらいでしょうか。

Dscn3119

←古葉はアブラにやられてチジレてますね。 

新しい葉は全く正常です。新葉の様子を見てひどい古葉を切り取ってみます。

 

Dscn3118

←こんな実がついてます。

たぶん未受粉って感じです。

しばらくこのままにしてみます。

Dscn3117

←うどん粉病が出てました。チャンスです。ヨーグルト買てきてみよう。 ブルガリヤでどうだ。

 

 

Dscn3091

5/30 畑のズッキーニ 2株ほど病気の株があります。

早めに処分したほうがよさそうです。

 

Dscn3092

←これが病気の株です 葉が下がって全体が変な感じでしょう。

根が悪いのかも引き抜いて観察してみます。弱っている様子なので古葉にウドンが見えてます。天気が良い時に作業。

|

« ナスの定植 中長ナス 大長ナス 米ナス | トップページ | うどん粉病対策を試してみた。 »

コメント

おはようございます

色々なズッキーニの様子とても興味深いです

うどん粉にヨーグルトかぁー
コバエわかないかな?
どれくらいに希釈するんですか?
詳しい報告待ってます

うちのズッキーニはやはり雄花だけ咲いてしぼみました
今は雌花がふっくら
次の雄花はまだ小さいので雌花だけで開きそうです(-o-;)
まぁそんなにすぐは受粉うまくいかないですよね

投稿: 花凛 | 2009年5月31日 (日) 11時15分

やはり、鉢植えズッキーニにはうどん粉病がつきものなのですね。以前、暫定処置として、食酢を使用しているといいましたが、効果のほどはまだわかりませんが、プランターのほうは調子がいいような気が・・・
ただ、うどん粉病なのかが未だにわからないです。葉っぱの表より葉っぱの裏と茎が侵食されているのですが、これもうどん粉病?
ともあれ、忙しくて、ヨーグルトが購入できていないので、ぜひとも効果の報告をお待ちしております。花凛さん同様、希釈度合いもぜひっっ。

投稿: mas | 2009年5月31日 (日) 21時22分

masさん

私もおんなじです~

葉の裏も茎も丸い白いふつふつが出てます
そして下の葉から順番にうどん粉病が発生しています
だからうちのは下の葉から順番になくなってます(*´Д`)=з

うどん粉病に効く方法早く見つけたいですねぇ~

投稿: 花凛 | 2009年5月31日 (日) 21時51分

花凛さん
やっぱりあれはうどん粉病なのですね。そして、下から順に侵食されていくんですね。なんか、私のは、株元も侵されているような気が・・・
なので、そのうちハゲてしまいそうです。
・・・本当ですねぇ。最も効果的なうどん粉病撃退法、知りたいですよねぇ。

投稿: mas | 2009年5月31日 (日) 22時27分


写真にもあるように畑にもうどん粉病の株も出てました。全体に弱った株です。古い葉に発生している事から葉の弱りか、潜伏期間の問題かもしれませんね。あの白いモノは胞子嚢です。菌は胞子が発生する以前に葉に取り付いているはずですので防除は一見正常な葉にもおこなっておく必要がありそうです。見分けが付かないので要するに全体と言う事になってしまいます。

masさん 食害ならナメクジやカタツムリなどが移動した跡がないですかーよーく見てくださいね。疑うべきヤツです。

ブルガリヤ買ってきました。乳酸菌パワーで試してみます。効果についての見極めの比較がないので単なる結果論になりますがやってみますよ。みなさんは、それぞれの対策をしてみてください。

投稿: かえる | 2009年5月31日 (日) 22時32分

花凛さん masさん かえるは、この三者の
共通の悩みであるうどん粉病に立ち向かっていきましょう。 まずは敵を知ることが先決ですね。みなさんも本などで知識があるかと思いますが共通の情報として『ウィキペディア(Wikipedia)』のうどん粉病を見てみましょう。 目には見えない寄生菌です。
この菌の育成、分化、繁殖条件を邪魔してあげる事が防除、予防につながると思うのです。
本当は薬剤防除もその効果を知った上で非薬剤的な対処との比較をすると本当はいいですがね。

今度ね。県の農業センターの人に会う事があるので薬剤と非薬剤でのうどん粉病についての質問を投げかけたいと思います。6月前半なので なにか聴いてみたいことがあれば出来る限り質問してみますのでお二人様メールください。

投稿: かえる | 2009年5月31日 (日) 23時07分

かえるさん、本当にいろいろありがとうございます。
独自にいろいろ調べた結果、以下の2つの記事が気になりますので、農業センターの人に会われたときに聞いていただけたら幸いです。

 ①10%濃度の牛乳希釈水が効果的という記事を発見しました。ただし、これはブラジルでの実験結果らしいのですが、日本の牛乳でも、同じ効果が得られるのでしょうか。
参照 http://www1.odn.ne.jp/~cam39380/jpage/jpage146.htm

 ②うどん粉病に砂糖+台所洗剤溶液が効くとのことですが、薬害はあるのでしょうか。また、砂糖液のみでも効果があるのでしょうか。
参照 http://miolafesta.exblog.jp/1269864

お手数をおかけしますが、よろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: mas | 2009年6月 1日 (月) 08時01分

もうひとつ忘れておりました。
ナメクジのことなのですが、今朝確認したら、昨日開花していた雌花が食べられてました。実の方は大丈夫でしたが・・・
一応、ナメクジ対策をしているしヤツらの大好きなイチゴがあるの安心してたのですが、ヤツらにとっては何でもありなのですね。

投稿: mas | 2009年6月 1日 (月) 08時05分

ちょうど試験するのです。牛乳は入ってませんがね。 砂糖はあります。洗剤はまぜてません。

まず飽きないで続けられる事を願ってください。

 洗剤は、散布液が葉に付着しやすいように界面活性の性質を利用したものです。様は石鹸でいいんです。最近の洗剤は除菌成分が入ったりしてるのでそれだけでも利いたりしてね。それも面白いけれど。

ヤツらにとって何が美味しいのか想像もつきません。まあやわらかい新芽や根を食べるのでしょうね。

結果は結果で受け止めてください。ちょろいお試しなので。 お二人様 サボったらプッシュしてください・・ 

投稿: かえる | 2009年6月 1日 (月) 10時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナスの定植 中長ナス 大長ナス 米ナス | トップページ | うどん粉病対策を試してみた。 »