« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

今期の糠床づくり

 今期も漬物用に糠床をつくりました。昆布 とうがらし適量 糠 2Kg 水1600cc 塩260g 10Lの樽で約半分の量になります。醗酵が進むとやや膨らむので調度良い。 水と塩を混ぜて鍋で沸騰させて常温まで冷まします。 糠と昆布、トウガラシを入れ冷ました塩水を足して混ぜ耳たぶくらいの柔らかさまで調整します。はじめはちょっと硬い感じかもしれません。 樽の中に前期は漬物用のビニール袋を入れたのですが手入れに不便だったので今回はナシとしました。 出来合いの糠床を購入してあったのでそれを少々混ぜて乳酸菌を拝借しましてた。所要時間15分で完成。(塩水の冷却時間は含んでいません。) これで美味しい糠味噌漬けが食べらます。冷暗所で保管。 

クズ野菜などを入れて醗酵を促進すると共に塩加減の調整を行います。 本格的にキュウリなどが収穫できるようになったら拡大する予定です。 乳酸菌は好気性の微生物なので毎日かき混ぜて酸素を混ぜ込むと繁殖が促されて乳酸を合成して雑菌の繁殖を抑えるのです。醗酵です。 ヨーグルトが腐敗しなのと同じ。 人にとって有用なのが醗酵。 無用なのが腐敗。どちらも微生物の働きなんですがこちらの都合で呼び方が違うのです。

 畑に糠をすきこむとやはり土壌の微生物の働きが良くなり細菌のバランスが整えられるよそうです。乳酸菌がいっぱいの糠漬け食べてお腹の畑もバランスがよくなるのでしょう。土着の乳酸菌が摂取できる事がさらに良いのでは。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

トマト類の芽がやっと揃う

3/10 播種の中玉レッドオーレ イエローアイコ ミニイエロートマトが20日目に芽を出しました。 寒い日が多かったのでやや遅い。 芽が出ないポットもあります。もう少し待っても出ないようなら調べてみます。 土被せすぎか初期の潅水が少なかったのかもしれません。 

2芽以上のポットは、間引いて1芽にします。 早い時期に根元からハサミで切るほうがいい。 うまくできたら他のポットへ移植してみます。(隣の芽の根を痛めるリスクがあります) これから5月中旬頃まで育苗を行います。日光に十分当てて徒長を防ぎ根元が太い苗を育てます。 苗同士が近接していると徒長傾向になります。主に日光不足が要因と思いますが葉が触れ合うと上に伸びようとする性質があるのかな?(競争原理か不明)

 徐々に外気に慣らして外で管理します。(ハウスが満員なので自立してもらいます。次が順番待ちなので) 少々背丈が小さい苗でも丈夫ならこれまで問題はありませんでした。 最初の花芽が付く頃が植え時。 トマトとネギやニラなどを混植すると病気などを防ぎ具合が良いらしい。畑の端にノビルが生えているので代用してみても良いかな。  

トマトの芽かき作業を行った際にその芽を畑に挿しておくとちゃんとトマトが収穫できます。遅れての収穫となりますが都合が良い場合もあります。昨年は、購入トマト苗から株を増やしました。 すごい生命力ですね。 100%成功することはないのでそのあたりはお試しでどうぞ。接木苗の場合は、当然ですが接木効果はなくなりますよ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

ハバネロ 福耳とうがらしタネまき & シークワーサー植替え

 自家採取のハバネロ お初の福耳とうがらし(F1)を予定より先行して播いてみました。4月に気温が上がった時点でまた播いてみます。 このところちょっと寒すぎです。 ハバネロは、もうタネが残り少ないので大事に育てないとダメかも。 今年はトウガラシ系が多くなりそう。 来週末から徐々に気温が上がりそうな予想。

一昨年買った沖縄の柑橘シークワーサーの鉢を植替えました。昨年も植替えましたがもういっぱいになり鉢を今年は3倍増しにました。 今年はなんとか実を見て見たいですね。まだ花も見ていないので用土は堆肥と天然燐酸(バットグアノ)を加えて株の充実を狙い是非とも花を見たいですね。 実が付けば最高ですがどうでしょう。 地に植えるのが一番なんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年3月28日 (土)

レタス苗が食べ放題のサラダバーに

 ミニハウスから外に出していたセルトレーの苗が鳥の餌になって丸坊主になってしまいました。 結構順調だったので残念です。鳥も上手に食べてあってに芯部だけ残してありましたのでそのまま育ててみます。枯らすような食べ方はしないのかも。それともまた食べに来るつもりか?  36のセルトレー2枚が食べ放題のサラダバー状態です。オーガニックできっと美味しかったと思いますがもうご遠慮願いたいものですね。

鳥はたぶんムクドリだと思います。味覚えられると困るなー  レタスが食べられるなんで初めてだと思います。他に食べるもの無いのかな。腹へってんだなー 柔らそうで確かに旨そうだったので見る目があるヤツだ。 トホホ・・ もう種が無いんだが・・

本日、到着の種 ハラペーニョ 福耳とうがらし つるなしやっこ(南瓜) またコレクションが増えました。 4月まき

Cocolog_oekaki_2009_03_28_22_08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月26日 (木)

アイスプラント芽が揃う

 アイスプラントのあの小さな種ですが発芽率は良いみたい。はじめの水遣りで流れて偏りがありますがとりあえず順調な様子です。 ミニハウス最下段のあまり加温されていない場所に置いています。発芽以降は表面の砂がやや乾いた状態で管理。 種まきから1回潅水して発芽からは水は与えていません。双葉が展開後その状態で大きくなっています。 まだ本葉らしきものが無いですがやや葉の厚みが増して最初に発芽した芽が5㍉ほどの大きさになっていました。 根の状態は不明です。 以外と長い根を伸ばすのではないかと予想してます。 ビニールポットへ上げるにはまだまだ小さい感じがします。 水遣りはまだ霧吹きがよさそう。

Dscn2713

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月25日 (水)

サツマイモの苗を作ってみよう

 この前、サツマイモの芽を吹かして苗をつくりをしてみようと紅東をとりあえず1本スーパーで購入してみました。 形も良く見た目は病気などないように思われますので試しに。 苗は時期になれば安く購入できるのだけれど自分で作れたらより楽しいでしょう。

 落ち葉堆肥を作るため秋に集めた堆肥小屋にカゴに入れて埋め込んでみます。適度な湿度があり醗酵熱もそろそろ出るころです。一昨年に紫のサツマイモを同じように埋めた状態で芽が自然に沢山生えて そのままの状態で堆肥の中に紫芋ができて収穫できてしまいました。 ことしこそ芽が出たら苗として少し畑に植えてみたいと思います。

サツマイモって芽だしの芋を切って草木灰や石灰をまぶして直接埋めたらどうなるのだろう。そうゆう栽培方法はあまり聞かないがその方が自然じゃないか? 雰囲気ジャガイモの植え付けのよう。芽かきして土寄せすれば同じではないか・・その手も試してみるかな そうしない理由がわかるかもしれません。 イノシシの餌食かな・・

珍しい芋があったらまた買ってもいいかな。 なると金時 紫芋なんてもいいね。 焼き芋が大好きなので今年は自家製芋で焼き芋食べ比べを行いたいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

桜が満開になったらトウガラシ

そろそろソメイヨシノ桜がちらほら咲き始めてます。 これが満開になったらトウガラシ類の種まきを行います。 4月になるかもね  ルーツは南方の植物なので暖かさが必要です。発芽温度が25℃から30℃と高く苗もやや高い温度をキープする必要があります。もちろんミニハウスなどで保温が必要です。太陽任せせなので天気も気になります。温床があれば良いのですが。。トウガラシ 島とうがらし 万願寺とうがらし 福耳とうがらし ハバネロ 昨年の島とうがらしは苗作りに失敗、万願寺と福耳は、お初の苗つくりです。 ミニハウスがただいま満席状態なので何かお席を用意しないといけないかな。遅霜の心配が無くなればお外で管理できるものもあるのでしょう。 ここ数日寒いので遅霜が心配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

アシタバ

 自宅裏にアシタバが生えていた。数年前に種を蒔いたがその後どうしたか忘れていたのです。昨年からなんだか知らない草が生えてると思ったら今年は大きくなってどうもアシタバのようです。寒いのによくぞ冬越ししたものです。 アシタバは種まきから3年で花が咲き枯れてしまうようなので今年花が咲けば2年株か3年株か判明する。畑に移植しようかなDscn2709

アシタバ、食べごろの新葉

Dscn2712

切り口から黄色い汁が出る。 昼のラーメンの具にしてみたらセリのような山菜特有の味と香りがしました。結構食べられる。きっと天ぷらがいいね。

Dscn2710

茎が赤っぽい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ブヨに刺されて

 そうだこの前の畑仕事中に今期、お初のブヨに刺されてしまいました。 もうブヨが羽化するのか越冬してたのか? ちょっと早いでしょう。 夕暮れに数匹が舞う状態でした。

 夏の夕方なんで山の畑はすごい,です。団体様が襲来する。雨上がりは最悪ですね。 防虫ネットを被って作業してますがいつもどこか刺されます。 河が近いからアブも結構来る背中とか服の上からチックとやるのがアブ。

ブヨに比べたら蚊なんて可愛いいもんです。 長袖シャツ、ヤッケ上下、手袋、長靴、麦わら帽子、ネット、タオルが夏の装い 脱水、脱塩防止に水を2㍑か水で薄めた梅酢が定番武装品です。 体が慣れていない早い時期がキツイ。

蚊もブヨもそうなんだけど始めの時期は良く腫れるがだんだん症状が軽くなる気がする。体が慣れるのだろうか・・慣れたくはないが刺されないと慣れないのかなー。 腫れるのは一種のアレルギー反応らしいので体が過剰反応しなくなれば大して腫れない事になるが。。花粉症の減感治療と同じか・・

もっとも危険なのがツツガムシ病これがリケッチア菌を媒介するダニによるもので高熱を発して場合によっては命も危ない病気になります。刺された時は全く判らないらしい。 身内で入院したので知ってます。 これは病原菌なので慣れる事はありません。

山や草むらなどに出かけて数日の後、発疹を伴う高熱が出たら病院へ行きツツガムシ病ではないかと伝えた方がいいですよ。所見の経験が無いと診断を誤ることがあります。身内も数日は全く原因がつかめずに治療できない状態が数日続き、叔父がツツガムシ病を知っていて主治医に伝えてくれてやっと治療に移れたので疑いがある場合は是非。抗体検査で特定できます。検査を拒む様な担当医は早々にパスしたほうがいい。 特効薬の抗生物質があるので診断を早くしたほうがよいと思います。当人は大変つらい症状です。

美しい山と河と山里、しかし、実際、こんな自然との交流(攻防)もあります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

食用ホウズキが冬越し

 昨年の食用ホウズキの株を片付けようと根元を見ると芽が出てました。 どうやら冬越ししたようです。数株あったのですが先だって引き抜いてしまい残念。 一株だけになってしまいました。  普通のホウズキは宿根なので冬越しも判らなくはないですが食用ホウズキもそうならうれしいかぎりです。 株はなんだか巨大なナスの様で可愛げはありません。まるで木です。 そのまま育てて実が付けばラッキーですね。 ストロベリートマトとか言う品名だった。黄色いどくとくの甘い香りの実であまり大きな実ではなかったですが珍なる物で料理の添え飾りによいかもしれません。 木は背丈ほどになります。 ワイルドで病気も無く丈夫でした。

種が余っていたのでセルトレーにまいてみました。

Dscn2348x

2008年のストロベリートマト

黄色い花が咲くのです。

鑑賞用に鉢植えにしてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月21日 (土)

オール畑作業&ヨモギ摘み

 朝から日没までオール畑作業ですべての整理を終えました。ちょいと遅いですが。。

 勢いで里の畑にズッキーニ用のマルチを設置しました。 2月に落ち葉堆肥を入れておいた場所に醗酵鶏糞と菜種カスをすき込み黒ビニールマルチを敷設。7mを今年は、三畝作りました。

山の畑には「春大根」、「べんり菜」、「青梗菜」をまいてみました。 虫除けのネットをかける間もなく日没となりました。 明日は都合よく雨らしいのでその後、気温が上がれば早ければ数日で芽が出るでしょう。 ソラマメが急速に成長花が咲き始めてましたあわてて遅い整枝を行いました。早く食べたいよ

 畑の周りにヨモギが沢山芽を出してました。 ヨモギ団子用にちょうど良いので沢山とりました。草取りにもなって一石二鳥です。 野生の野セリも収穫。農薬も除草剤も一切使ってないので安心なのです。 崇拝するカエル様がぴょこぴょこ出てます。今年も野菜を守ってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

ズッキーニ発芽&いろんな計画

3/6まきのズッキーニが発芽、双葉展開です。ビニールポットへ種まきから14日での発芽となりました。このグループはミニハウスでの管理です。もうひとつのグループは露天での管理ですが芽が持ち上がってきて頭が覗く程度にはなりました。ほとんど差が無いようです。日数的には1~2日程度の違いのように見えます。この数日の暖かさがポイントだったようすね。さあそろそろ畑に肥料を入れてと畝にマルチを設置します。 黒のマルチにするかシルバーのマルチにするか両方を試すか検討中。 

 元肥に油カス、苦土石灰、を全体的にすき込んで牛糞堆肥、又は豚糞堆肥を深さ25~30センチほどに入れて畝を作ります。今年は元肥を気持ち強く入れてみます。追肥もするのですが去年は途中で株が疲れが出てしまい早めに腐れや病気が目立ってしまいましたので元肥料と苦土を強化してみます。 植え付け10日ほど前には準備を行いたいと思います。

苗は、ハウス管理で発芽から植え付けサイズまで約20日の記録が残っていましたが今年はちょっと早いペースかも桜も早いしね。 

あんまり早いとハチなどの受粉を助けてくれる虫が少ないので朝に受粉に行かないといけないのです。しかし、栽培経験上で正しいか分からないですが初期の株の勢いが強いと雌花ばかりが咲くので初期に受粉できない事があるのです。 またこれも栽培経験上ですが株にストレスが強いと雄花ばかりが咲く事も分かってます何故ならポット植えのまま肥料を少なくして花を咲かせるとほぼ先に雄花が咲くのです。植物の生理って不思議だな・・今年は、受粉用のポット株を受粉用に用意してみます。 今年は肥料を強めに入れるのでこんな対策も考えてみました。 定植作業から40日くらいから収穫が始まります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイスプラント発芽

 3/9まきのアイスプラントが発芽しました。たぶん まだ、まばらな発芽ですが小さな双葉が出てました。芽を見たことが無いので本当にアイスプラントの芽か30%くらい疑いがありますがたぶんきっとそうです。雑草か?・・  もう一袋種があるのでそれもまかないといけません。 ミニハウスで管理しましたがほとんど加温されない場所だったので発芽温度は、12~15℃くらいなのかな。 このところの天気での反応と思います。水やりはジョウロより噴霧機などでやさしく湿らせた方がよいみたいです。今後の成長は早いのか遅いのか・・ ポットへの移植タイミングなど謎で喜びです。 雑草だったら笑うしかないですが・・

Dscn2708

<-これ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月16日 (月)

ブルーベリー苗植え替え

 先週ホームセンターでブルーベリー苗を3ポット購入、3号ビニールポットから3倍ほどのプラ鉢へ植え替えです。ピートモスと園芸用土を2:1くらいで混合しまた。 ボカシ肥料も少々混合。ブルーベリーは、酸性度の高い用土を好みます。 ピートモスは特別な処理が施されていない場合は強い酸性ですのでよく用いられます。大きな鉢なら結構実が付きますよ。ちょうど花芽が膨らみ初めるころです。 2種以上の株を植えると実付きが良いようです。数年前に植えた鉢植えブルーベリーで結構楽しめてます。 実が熟す頃は鳥と競争ですね。

 畑の隅に昨年の秋に2本植えてみましたがまだ20㌢ほどの小株です。なんと花芽が付いてました。うれしー 今年、根元から新芽が出てくれば大成功ですがまだその気配なし。 沢山取れるようになったらジャムを作って畑でランチをするのが夢。 いつになるかなーCocolog_oekaki_2009_03_16_21_50

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月15日 (日)

新畑作り 再びのジャガイモ植え付け 

 山の畑の隣の休耕地を耕して新畑ができました。 大量のクズの蔓で悪戦苦闘の末なんとか畑らしくなりひと安心です。 耕し中にデカ耕運機が倒れて往生しました。3mの角材を使いよじ登ってぶら下がり曲芸技でなんとか立てなおし。 アー腰壊れる。

新畑は、日当たりが良いの期待大です。 既存の畑は午後2時ごろには木の陰が伸びて畑半分は日照時間1/2なので日陰好きな生姜などの作物を主に栽培する予定。 新畑にインカ ジャガイモが5kgを植えつけて本日作業終了。 ジャガイモの日光浴芽の結果ややジャガイモに萎びが多くなりましたが白く弱い芽は赤く色づき丈夫な感じになってました。      多少の萎びでもジャガイモは大丈夫みたいです。 15㌢ほど溝を掘り元肥に油カスとボカシを混ぜて少し入れて少し埋め戻してから芋を置いて5㌢ほど土をかぶせました。 数年耕作していない畑は、以外と窒素が多いので肥料を手加減しないとすごいことになります。 その代わりP.KやMgが少ないかもね。苦土石灰を全体で20kgを混合。 モロコシなんか作ると多すぎる窒素を吸ってくれるのでいいのですがイノシシ来るからどうししょう。

とりあえず春大根と人参を予定。 山の畑ではお初のズッキーニを試作して里の畑と比べてみます。  アーティチョークにボカシを追肥。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月14日 (土)

他人の畑は青く見えているか

今日は朝から雨風で予定の野良作業はできませんです。ホームセンターでも行って物色してみましょう。

 家庭菜園を始める動機は人それぞれだと思いますが美味しい野菜を目指すなら化学肥料を減らして有機肥料を多く施用することをお勧めします。いつも書いてますがなぜか味が濃く香りが強くなる感じがします。   また野菜の種類成長速度によりますが肥料の施用は、元肥を少なくして成長に合わせて追肥を行う方がよいと考えています。  はじめから強い肥料を与えると根張りが悪く根を痛めたりします。苗が小さいときはやや水を少なくして肥料も少ない方が根の張りが良いようです。最初から甘やかすとひ弱になります。 根が良い環境であれば7割成功でしょう。 よく土を育てるとか言いますが栽培する植物との親和性を高めると言うことです。 植物側にも都合の良い条件と言うのがありますので栽培する野菜の性質を知ることは重要です。 その土地の合った作物を選択する事が良い結果となるのではないでしょうか。 いろいろ試して選択するのも楽しいものですね。 最近の品種は肥料を沢山必要とする物が多いので在来種などを選択するのも一手です。 それも含めて失敗の原因がどこにあったのかを考えるのも醍醐味です。 同じく菜園をされている方との成功談、失敗談などの情報交換も楽しいものです。 自慢野菜の交換なども楽しいですよ。 共通の話題や悩みを互いに意見交換してみましょう。 他人の芝生ならぬ畑は青く見えてしまいますが・・

Cocolog_oekaki_2009_03_14_10_37

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月13日 (金)

中長ナス 大長ナス レモンバーム種まき

 昨日、中長ナスと大長ナスをビニールポットへまいてみました。タネを2粒ほどまいて薄く土をかけて鎮圧します。途中1本に間引きします。 ミニハウスにて管理して外が暖かくなり本葉が4~5枚ほどになりったら徒長しないように屋外でよく日に当てて管理します。ナス化の苗は育苗期間が長いので大変だ。背丈が25~30㌢で1番花が咲く頃に定植。 昨年はナスが良く取れましたので今年は増量。タネからの大長ナスはお初となります。今回は20ポットほどあと40ポットほど作ります。 タネから育てると好みの品種が栽培できるので良いです。そういえば白ナスのタネが保存してあったのでそれも数本やってみよう。

 ハーブティーなどにするレモンバームのタネもまいてみました。セルトレーで屋外管理です。苗も購入できますがタネで沢山作ってみたくなりました。宿根なので庭先やプランターで毎年楽しめるそうです。

予定 ピーマン類 カボチャ類 スイカ メロン 瓜 バジル キュウリ等々 しばらく庭が苗だらけになる。管理はマメにできるが邪魔でもある やっぱり畑に小さいハウスを設置するかなー 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

じゃがいも植え付け コスレタス リバーグリーンレタス定植

 コスレタスとリバーグリーンレタスの苗が植え頃となりました。本葉4枚で7~8㌢の状態。ので晴れ間を利用して急遽植え付け。山の畑に1月に耕してそのままの場所に15センチほどの溝を掘ってボカシ肥料と油カスを混ぜた肥料をやや少なめに入れて15センチほど土を戻して定植。 本当は1週間ほど待ってから植え付けがよいのですが苗の具合から植える事にしました。直接根が肥料に触れないようにしてやや成長してから肥料が効くようにしたつもりです。

 リバーグリーンは株間25㌢で1条植えで50株ほど。コスレタスは株間20㌢で千鳥2条植えで100株程です。山の畑は半月ほど季節が遅い様子なので初期成長は遅いかもしれません。 次回植えつけの苗も育苗中です。この苗は里の畑ようなのでちょっと遅くても5月末に間に合いそうです。

 ジャガイモも日光浴芽中でしたが予定より早く植えつけてみました。山の畑では初めてジャガイモを作りますがイノシシが心配なので半分の5kgにしてみました。溝を掘りボカシ肥料を少々土を戻して芋を株間30~40㌢に並べ土をかぶせて終わり。 芽かき、土寄せ、追肥を行います。 種芋が100gほどの物が多かったのでそのくらいの大きさになることが目標です。極早生なので5月末ごろには収穫できそう。 栽培期間が短いので適期を逃さないようにしたい。 特に土寄せと追肥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

トマトの種をまいてみた

 トマトの種をまいてみました。 中玉レッドオーレ イエローアイコ フルーティー美味(ミニイエロートマト) ビニールポットまきでミニハウス管理。 イエローアイコは種の入り数が少ないので驚いてしまいました。470円もしたのに10粒あったかな・・ ミニイエロートマトは、毎年作ってます。味も良く長期間収穫できるので定番トマトです。 レッドオーレは、去年に苗を購入して育てよく収穫できたので採用。 イエローアイコは初めてですがレッドアイコは、購入苗で育てた事があります。 トマトは少し早めの種まきですが後半の天候に期待します。

 この暖かさで接ぎ木苗実験用のナス用台木が発芽してました。あわてて穂木用ナスを数粒まいてみましたが間に合うかな。  本番用の中長ナス 大長ナスも控えています。 ピーマン 唐辛子 etc 桜の花が咲く頃に播こうかと思ってます。 しかしハウスが狭い。 畑に二間くらいの小さいハウスを買うかなー まだ間に合うね。 悩むー

 レタス、キャベツ苗が大きくなり植え頃になりました。そろそろハウスから出して直射日光と外気への慣らしを行って植え付けです。 ホームセンターでレタス苗が1苗98円だった。買った苗じゃ、とても元を回収できませんね。 スーパーでレタス98円くらいだし。。 種から育てれば無農薬苗ができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 9日 (月)

アイスプラントの種をまいてみた

 アイスプラント プリアンをまいてみました。 箱まきです。用土は水はけのよさを中心に考え軽く通気性の良いセルトレー用土の表面に5mmくらい河砂をひいてジョウロで水を与えて湿らせてから種をばらまいてまた砂を薄くかけてみました。 発芽の様子を見てビニールポットへ移植してみます。砂粒のような種なので砂にまくと全く区別がつきませんでした。均等にばらまけたか不安です。 あとは強い雨などにあたらないようにミニハウス最下段で管理して様子を見てみましょう。 アイスプラントって苗で買うと1苗でも結構なお値段ですね。 うまくできたら販売するかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャガイモ準備 日光浴芽処理

 もうジャガイモを植えても良い時期ですが悪天候つづき今年は遅植えになりそうです。 知り合いの方がジャガイモを天日に干して植えると言うので日光消毒のようなものかと思ったのですがよくよく調べてみると日光浴芽という言葉がありました。

 もちろん日光消毒的な効果もあると思われますがジャガイモを日光に当てることで発芽を促進し丈夫な芽を育てる事が主な目的とありました。ジャガイモを日光に当てると緑色になりますねあれが芽を強く丈夫にするようです。日光浴芽処理をした芋は植え付け後の芽だしのそろいが良く。比較的小さい種芋でも大差ないらしいです。 作業は気温は13度前後くらいが適で本当は1ヶ月ほど天日にさらすようです。 

と言う情報からそれを試してみます。しかし植え付け時期の関係で1ヶ月は干せないので1週から1.5週ほどで試してみます。

 箱から取り出したジャガイモを選別 100g以上のジャガイモは50gくらいに分けます。ジャガイモのへそ 親株とつながっていた場所を中心に芽数が均等になるように切ります。横に切るとへそ側と頂側では芽だしの速度が異なるようなのであまりよろしくない。(使えないわけではないと思います) 2~3日で切った切り口は自己修復されるようです。湿気が有る方が促進されるとの事。箱に入れて新聞をかけて3日後に日光浴させてみます。

Dscn2701Dscn2700

Dscn2702

←ヘソを中心に切った切断面 真ん中に線がある。

ジャガイモは「インカの目覚め」すでに真っ白な芽が出始めています。いかにも弱い感じです。本日天気は曇りですがたぶん紫外線量があれば大丈夫だと思います。根が伸びてしまいそうなので雨に当たらないように注意してみます。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

ズッキーニ種まき

 恒例のズッキーニの種まきです。 3号ビニールポットを使用し用土は安い園芸用土で黒土ベース(無肥料)とセルトレー用土(ピートモス+バーミュキュライトベース)を8:2で乾燥有機ボカシ肥料を少々加えてみました。 種の深さは1㌢ほどにして軽く鎮圧する。今はハウスなどで管理が必要です。 発芽後は霜に注意。桜が咲き始めるころがよいかも。 とりあえず20株くらい。 5月ごろ収穫ができるようになったらまた少し苗を育てて更新用の株を用意します。  ズッキーニって美味しいので俺好きだなー。 大きな鉢に植えると人目を引いてこれがまた面白いです。鉢でも元肥たっぷり入れて追肥などの管理をすれば結構収穫できます。 ホームセンターなどでも苗は入手できます。

Dscn2082xjpg_3

←これは去年の発芽の様子 衣装ケースで育苗しました。

衣装ケースは1年でボロボロになってしまうのでもう使用しません。

今年はミニハウスで管理

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 2日 (月)

マリーゴールド発芽

  2/11まき気温が上がらすやっとセルトレーまきのマリーGの小さな芽が出てきました。今日は、久しぶりの太陽と青空でめっぽう暖かくなりあわてて発芽した模様。 明日からまた寒いのに・・  ミニハウスで我慢してもらいましょう。 本葉が出たら液肥を少し与えてみます。 根張りを良くする為、初期の肥料は控えめにします。本葉5枚くらいでポットへ植え替えか定植です。アフリカン マリーゴールド レディミックス 通常は4月まき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »