« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

初めての味噌作り6月レポート

 先月のレポートでは、カビに驚き急遽対策を行いました。仕込みから約5ヶ月の経過でまだ若い味噌ですがそろそろ試食できるころかと思い我慢できず開封。取れたての胡瓜もあるのでチョットお試し。 紐を解き蓋を開けるとふわっと味噌の香りでビニールを剥すとカビは一切無くてベストな状態に思えました。 5月の時点では白い色で今月は、やや赤みが出てきて立派な味噌の色に変わっています。早速ちょいと小皿へ取り出して味見です。 「おー味噌だ」 まだやや塩が成れていない若い感じ、粗引きの大豆がやや固めですがまずまず合格でしょう。まさに手前味噌・・。 胡瓜につけてカリッと至福の時でございました。あとは熟成を待つばかり、「夏が終わったらまた逢おうね。」などと惜しみつつも再びの封印となりました。 でもまた誘惑に負けて開封するかも・・ 次は味噌汁かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月29日 (日)

四角豆 島にんじん もろこし作業

 四角豆用のマルチと棚作りでようやく苗を定植しました。ソラマメ栽培の後を放置してあった場所を整理しました。草取りも土がフカフカなので簡単です。春先に入れた籾殻などの土壌改良がうまくいっているようで草を引き抜くと太いミミズがゴロゴロ出て去年の様子とは違い土の色、粒子の状態に変化があります。なんとか畑になってきましたよ。

 ジャガイモ収穫の後にニンジンを播いてみました。沖縄の黄色く長細い島ニンジン 30~40㌢と言うことなので高畝にして点播きとスジ播きで試してみました。夏まき用で収穫は9月末。

 モロコシも播いてみました。ハニー系でない昔なつかしい味と言う代物で収穫9月ですが夏に虫にやられる可能性大。 春に播いた黒もちもろこしは、背丈が3mくらいになり花が咲き始めました。ワイルド系ですね。今の品種は、背が低く品種改良されているので見事です。サトウキビのイメージ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月25日 (水)

島インゲン どっさり収穫

 二日間、畑に行けず収穫できなかった島インゲンがどっさり1kg。葉をかき分けて莢を手で持ち上げてプチンと収穫です。 不覚にも唇をブヨに刺されてタラコ唇になりながら朝取り。 平莢のつるありインゲンで沖縄野菜の固定種です。島インゲンは大きくなってもスジが入らず柔らかでうまいのが特徴。暑さにめっぽう強いのでこれからがシーズン。こまめに収穫して追肥をしてあげないとね。見逃して大きくなりすぎた莢は、種取りにします。朝のおかずに茹でてみましょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月24日 (火)

四角豆 定植時期

 四角豆の苗がそろそろ定植となります。 気温も上がり定植時期となりました。あの特徴があるヒダヒダ付きの豆です。東南アジア方面の暑さ大好き野菜で沖縄を中心として栽培されています。去年から栽培してますが若い莢を茹でてマヨネーズや天ぷらなどパリっとした歯ざわりでなかなかです。 実が完熟して莢が茶色になると中に茶色の豆が入ってます。この豆も栄養があるそうですがまだ食べた事がありません。去年の種用の豆が残っているので調べて試食してみます。 今定植すると8月の後半から収穫が始まります。虫も付かないし栽培しやすいです。ブルーの花はなかな飾りとしてもいいじゃないかな。 週末作業かな天気しだい

Dscn1493

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月23日 (月)

ズッキーニを定番野菜化計画

 ズッキーニのファンとしてズッキーニを和食に導入にて日本人に定着させたい計画としてちょと考えてみました。

名前が良くないので強引に和名をつけてしまう。 XX瓜 などとする。 棒瓜とか緑長南瓜とかの方がいいじゃない。 名前って大事だ。

スーパーでは、15㌢くらいの長さしか見かけないけど30㌢を超えてもまだまだ美味しいし利用方法も異なるので販売してほしい。デカイのは、ほとんど冬瓜のような使い方ができます。長野県産が多いかな。

 イタリアン料理の独占上のズッキーニですが素材を生かすという点では和食の味付けにも合うのでは、味噌 しょうゆ かつお出汁など味が染みる系の料理に合いそう。煮込みうどんにズッキーニ(味噌)  寄せ鍋にズッキーニ(しょうゆ) 試してみたけどトロリと柔らかで美味しい デカイのが不思議とサクッとした歯ごたえがあっていいんだよ。 冬瓜のスープや蒸して餡かけなんてきっと合う。 

糖分、でんぷん質は、少なそう ローカロリーで繊維豊富、ベータカロチンなどは豊富なのでダイエット食材として普及できるでしょ。大きいサイズで200円くらいでどうだろう。現代日本人には良い食材かもね。 ダイエット食材として認知を深めよう。

「南瓜は硬くて包丁で切れないのでイヤ!」なんて若奥様には、やわらかで超扱いやすい食材。調理時間短く。なんだか料理してる感じになる。(おこられそう)和食、洋食、○×※食でもなんにでもOK!

長期保存の利かない不利な点もありますがその分、新鮮さをアピールできるかな。  TV、雑誌メディアに弱い日本人にメディア攻め

栽培してみて分かったけど以外と収量多いです。家庭なら1株~2株あれば食べきれません。近所におすそ分け喜ばれるかも 俺式栽培の様子 

計画などとおこがましい内容となりましたが普通においしいのでどうぞ出会いがあったらし食してみてくださいな。 サンプル:ズッキーニ入りの料理(焼きうどん) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初どり 万願寺とうがらし 韓国とうがらし

 昨日、万願寺とうがらし 韓国とうがらし ピーマンが初取りとなりました。株は1~2本で少ないのですがこれは苗を購入したもので来年から種採り用の栽培です。まだ早いと思っていたのですがちょいと覗いてみたたらブラリと結構な大きさで実ってました。 

 万願寺とうがらしは、京野菜で伏見とうがらしと外国大型種のカルフォルニアワンダの交雑種だそうです。15cmオーバーの大きな実が付いてました。辛味は無い 網であぶって食べるのがいい

 韓国とうがらしは、マイルドな辛味の中に甘みがある風味が特徴です。皮にツヤがあります。生食で試食、確かに辛いけど「もう駄目ー」って感じゃーない、冷たいビールであえなく鎮火します。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月21日 (土)

新品種ナス「サラダ紫」試食

 昨日の続きで本日、新品種ナス「サラダ紫」を試食。 ナスを皮付きのままスライスして食べやすい大きさにカット水にさらすなどの灰汁抜きは一切しない。 キュウリのスライスとトマトを添えてサラダでいただきました。放置してもナスの切り口が変色はほとんどありませんでした。 歯ざわりは、柔らかくジューシーな感じでナス独特の青臭さも少ないようですがたしかにナスの味。特に皮の柔らかさに驚きました。すんなりと口にはいります。

ノンオイルのしょうゆベースドレッシングと相性がよかったです。ポン酢なんかも良いかもね。 水ナス系の口当たりの良さと灰汁の少ない感じが最大の特徴でしょう。 素材の味を確かめたくて一番シンプルなサラダで試食でしたが浅漬けや火を入れた場合などどのような個性が発揮されるかまた試食してみます。 神奈川県農業技術センター開発品種でHPに詳しい情報があります。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月20日 (金)

新品種 ナス

 新品種ナスの試験栽培を行っています。5月10日に定植を行いました。ゆっくり成長で1花がやっとチビナスで3花がやっと咲き始めた程度です。花芽はずいぶんあります。会長さんは、既に収穫可能な様子で本日2個をいただきました。サラダで食べられる品種で「サラダ紫」と言います。水ナス系統で栽培には多くの水分が必要との事です。明日、試食してみます。 ナスは一般に肥料を多く必要とします。長い期間にわたり収穫が続くことが要因と思います。 化学肥料を使わない栽培にこだわりがあるので追肥に菜種油カス+魚粉+草木灰をミックスしてマルチに追肥用の穴を開けて施肥を行っています。1回目の追肥の効果か茎も太く 一雨毎にグンと成長し驚きます。枝は3本仕立てに 先日 添え木 芽かき 2回目の追肥を行いました。肥効は、緩やかなので早めの追肥タイミングで育ててみます。出来るだけ・・ 

 ナスは、特別に栄養はないけれどあの紫の色(ナスニン)に抗酸化作用があるようです。料理では、焼きナス、ナスの味噌炒め なんか最高だね。新ナスで「ナスのサラダ」なんかが夏の定番になるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月19日 (木)

極小ジャガイモに明日はあるか! あるョ

 ジャガイモを収穫すると小さい型の芋がけっこう収穫できるのです。これを無駄にしないでむしろ積極的に利用したい。 丸ごと調理できて丸ごと食べられて栄養価もある。 文明の利器(力)電子レンジを使えば簡単。レンジで4分から5分でもう食べられる。このチンした芋を料理に利用するのだ。極小の芋は、市場に出回らないかも捨てるか大量生産では機械で収穫するので機械では収穫できないかもね。 大きい芋、中くらいの芋、小さい芋、極小芋とそれぞれに利点や利用方法があって無駄のないようにしたい。ジャガイモに限らずなんだってそうなんだ。産地 姿 形 規格 等級ですべて選別されるなかで無駄になってる物がおおいよ。生産者も大変だし多くの消費者だって望まなくてもそれを選ばざる得ないし・・あー愚痴っぽいのでここまで  チンのジャガイモに話をもどそうと思う

チンしたジャガイモは、そのまま子供におやつ 軽くフライパンに油を引いてコロコロしてスパイスで香り付けでビールのおつまみに 甘辛く煮付けてご飯のおかずに 丸ごとパクリといただけます。ジャガイモを自分で育てればそんな楽しみもありますョ!今日は、なんとなくビール(発泡酒?)が飲みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島インゲン 初収穫

 まだまだこれからですが沖縄在来種 島インゲンが少し収穫できました。根元に1回食べる分がつらつらと下がってました。 下葉が黄色くなりはじめてました。追肥をして対応です。これから沢山成るので肥料切れに注意です。雨が降れば追肥が効いてきます。来週から本格的に収穫となります。毎日採らないとすごいことになるのです。 暑さに強い品種です。8月ごろにもう一度 種を播けば初秋まで収穫できます。大きい平莢タイプ。大きくても柔らかなのが特徴 写真Upします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月17日 (火)

作ってみました。「えひめAI」 

環境浄化液 えひめAIを自作してみました。水1L 三温糖50g ヨーグルト50g 納豆 2粒 ドライイースト3g コレらをミキサーで攪拌の後ボトルへ  約35度で1週間と言うことですが設備が無いので炊飯器の上に鎮座させてみました。 1時間もたたないうちに泡が立ってきます。 もうすでに炭酸水のようです。 ボトルの蓋を閉めると爆発しますので要注意。こりゃドブロクの様相ですが飲んではいけません。糖が分解されて二酸化炭素と水 酵素によりアルコールから酢酸へ変化するものと思われます。糖の減少とペーハー上昇により液中に酵素残して 酵母、乳酸菌共に休眠状態になりほぼ安定し完成と思われます。 家の周辺も下水道が無いので家庭排水は水路に流れてしまいます。夏は水量が無いと臭いがありAIを使って効果をみます。 畑にもいいかも よければ今度は、10Lくらい量産してみます。 焼酎のデカタンクなら沢山できそう。 

Dscn2249   

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃがいも インカの目覚め 収穫したよ

 我慢できずにジャガイモ収穫しました。 Dscn2250_3 小粒で粒ぞろい。三畝で15kgくらいかな。

丸ごと調理に向いてます。外見も黄色

Dscn2251

初キュウリ収穫 葉の陰に食べごろが隠れてました。2本だけDscn2252

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月16日 (月)

じゃがいもインカの目覚め 収穫時期

3月29日植え付け作業のジャガイモ「インカの目覚め」が収穫時期になりました。完全に地上部が枯れています。 1週間前に試し堀を行いましたがやや小ぶりです。元肥少なめで追肥も1回だけだったので予想的中です。 利用方法としては丸揚げなどに最適サイズとなります。試し堀から1週間で若干大きくなってるかもね。 収量は、20kgくらい取れれば良しとします。 あの黄色い栗のような感じは、変わってます。 ジャガイモ収穫後には、夏まきの沖縄島ニンジンを予定してます収穫9月後半でしょうか。黄色い細身ニンジンです。

ジャガイモの収穫が終わるとキュウリなどの収穫が始まります。 きゅうりは、今、盛んに花を咲かせています。花が咲けば間もなく収穫が始まり漬物の糠床の回転が忙しくなります。糠床2号樽も配備して準備OK! キュウリは、あまり強く肥料をしない方が皮が柔らかくて好きだな。 小まめな追肥で対応したいと思います。 油カス+魚粉+草木灰を混合

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月14日 (土)

ヘッドレタス収穫と草の海

 ヘッドレタス収穫となりました。 おなじみの丸いレタスです。 頭の様に丸いからヘッドらしい。 山の畑の今期 ステムレタスに続いての収穫です。 パリパリの食感でフレッシュ三連発です。 レタスはホントに手かからないし虫が付かない。 雨と高温は腐れが入るので要注意。 無農薬で化学肥料も使わない栽培でやや甘みも感じる仕上がりとなりました。

山の畑は、やはりイノシシ様が横行している様子若干の ホジクリ跡がありカボチャの芽が食われてました。やばい。 その他に被害なしですが困ったものです。近くの竹林にタケノコを狙いに来ている様子。 

黒モチもろこし順調で1mほどにまだ花なしです。  今年開墾の畑なので覚悟してましたが草の海となってました。スギナ畑です。 退治は根っこを何とかしないと駄目。どうせ刈り取るので有効利用出来ないかなスギナ茶ってあるらしいので刈り取れば沢山作れそう。 「災い転じて福と成す」となるでしょうか? 農薬使ってないので作ってみます。天日乾燥させればよいようです。 効能がありそうです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月12日 (木)

ズッキーニ巨大化

 雨と用事で数日畑へ行けずズッキーニの収穫ができなかったので今日夕方に行ってきました。これはデカイ! みんな30センチオーバーで大きいやつは40センチクラスでした。ズッキーニは大きくても柔らかくて美味しい。昨晩の雨で水分をたっぷり含んでみずみずしい感じです。20本収穫 今晩の料理でズッキーニをフライパンでオリーブ油で焼いてからトマトベースのミートソースでからめてパスタをいただきました。ペロリと完食となりました。 まだまた株は元気ですこれからまだ収穫できそう。

このあいだ飛行船が飛んでました。真上で船体に何が書いてあるか見えなかった。ズッキーニみたいな形 なんかのんびりしてました。Dscn2245

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月10日 (火)

今年も梅サワードリンク仕込み

 去年に続き 梅サワードリンクの仕込みを行いました。 梅 砂糖 酢で簡単に出来ます。水、炭酸水などで割っていただきます。甘すっぱい香りです。なんだか疲れが取れる感じ。去年仕込みのビンが半分になってしまい新梅も出てきましたので新規仕込み。

梅2Kg 砂糖1kg(三温糖or氷砂糖)俺は三温糖が好き 穀物酢1.8Lでガラスのビンで仕込みます。梅酒漬をけるビンです。 梅を洗ってから包丁で切れ目を入れます。(早くエキスが出ます)梅をドカン、砂糖バサバサを入れて酢をドバドバで蓋をします。以上仕込み終わりです。 数日で梅からエキスが出てしなびてきます。2ヶ月ほどで琥珀色の原液ができます。漬けてた梅も美味しいョ 是非作ってみてね。 暑い夏を梅パワーで乗り切りましょう。写真 UPします。Dscn2253  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 6日 (金)

バジル定植&その他状況

 先日、バジル苗を定植しました。 育苗中のバジルは、このところの低温の影響か大きくなりません。 待っていられないので無農薬の小苗を購入して少し大きくしてから定植しました。とりあえず25株くらいでしょうか。まだ半分残ってますがいずれ定植。 今年は雨が多く比較的低温が続きます。長雨が続き苗の株元が少し痛んでいたのが気になります。急激な気温上昇もダメージですね。 温室苗は、ちょっと弱い感じです。

キュウリの株が80cmほどに成長してました。花はやっと1花の開花です。株の状態は特にトラブル無しです。 蔓を伸ばして懸命に棚を上っていました。

ニンジン順調ですが株の風通し考慮してもっと間引きが必要かも追肥も

サラダゴボウがグンと成長してました。追肥の効果でしょうか。日数的には、そろそろです。葉の色があまり良くないのですが試しに収穫してみようかな根が伸びてなかったらどうしよう・・・ゴボウの意味無し

コスレタスの収穫が終了します。トウ立ちの気配あり。 変わってステムレタスが収穫となります。あまり沢山ないですが大きい株では高さ50cm近くに主に茎を利用します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年6月 4日 (水)

これいいかも えひめAI

 今日のTVで放送されていた微生物をつかった環境浄化の液体「えひめAI」に感動! 納豆 ヨーグルト イースト 砂糖 水を主成分に作られた浄化液です。 納豆の納豆菌 ヨーグルトの乳酸菌 イーストの酵母なと身近で日本でも古くから利用される醗酵食品に含まれる微生物がポイントです。 未分解の有機物などを有効微生物の働きを利用して無臭分解させて環境への害が少ない。むしろ良い。 生ゴミのにおい消しや排水溝の洗浄、河川の浄化作用などがあるとの事。 作り方も公開されているので是非作って試したいです。 強い酸やアルカリなど化学薬品での殺菌対応とは全く異なる方向性です。「自然の理に従う」って感じかな。 

 ゴミや排水溝の腐敗臭やアンモニア臭もある種の微生物の働きなんだけと納豆菌、乳酸菌や酵母は、他の微生物を圧倒して増殖して分解の際に、アンモニアや硫化水素を発生しないので人に異臭として感じさせないのです。微生物の酵素の働きらしい。

是非これからはこうゆうのが普及する事を希望します。 自分で作ればいいんだけとね。畑に播いたら土が元気になりそう。研究してみようかな 「えひめAI」で検索サーチしてみて レシピ有ります。愛媛県 鬼北町の取り組みはすばらしいですね。町で配布までしてます。うちの町では出来ないかなー 河川の上中流域なんだし よい取り組みは学んでどんどん真似してほしいね。 でもまず自分からやってみようと思う。

鬼北町リンクhttp://www.town.kihoku.ehime.jp/guide/seikatu/ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »