« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月30日 (水)

島インゲン定植作業

 沖縄の島インゲンの定植作業 蔓有りの平莢で大きくなってもスジが入りにくいおいしいインゲンです。 沢山収穫できます。自家採取の種から育苗の本葉2枚で定植となりました。

今回は、黒マルチで棚を網で仕立ててみました。1.8m×6mとしました。今年は、マルチを多用してます。マルチの良いところ悪いところを知りたい為です。夕方からの作業でした。

午前中から、ぶらりと御殿場方面へ、新緑の箱根を越えて、小田原の浜辺で昼マックでまったりなんかして夕方から作業です。 育苗中のナス カボチャ 唐辛子 キュウリ ゴーヤ トマト etc まだまだ作業があります。 次はナスかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

黒もちとうもろこし

 黒もちとうもろこしを山の畑へ播きました。 畑全体に苦土石灰を40kgを投入し 日当たりの良い南側へ東西へ畝を作り 鶏糞を1畝に15kgを施肥し3畝を作成 穴あきの黒ポリマルチにて2粒づつ播種 1畝は、苗を植える予定。  肉質が柔らかく、甘みに富み、おいしいらしいです。(袋に書いてあった)食べてみたい! 作業をカラスが興味深そう見てたので1畝は不織布で覆い。1畝は紐をかけて鳥避けです。 

 鳥といえば 近くの高い木の上で猛禽類の鳴き声も聞こえます。ハヤブサ?のようです。ハト、スズメ類は、天敵なので多分畑に近寄れないと思います。畑が荒れていた時は、野鼠などがターゲットになっていたことでしょう。ごめんね餌場開墾してしまいました。林でウグイスが鳴きあってます。 癒される。

出来るだけ収穫まで手間が少ないカボチャ、瓜類を予定。涼しさを利用してトマトなんかも良い物ができるかもでもちょっと土地の湿気が気になるところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

今日の作業

 京都万願寺とうがらし2株、韓国とうがらし(青)1株を購入、黒マルチにて定植しました。味見と種取用に少しだけ。 自家採取すると自然交配もありえるので万願寺とうがらし×韓国とうがらし なんて事もあるので良い性質を残してオリジナルな品種ができるかも。

 4月上旬の枝豆が芽を出しません。掘ってみるとマメがすっかり腐っていました。自家採取のマメでした、何がいけなかったのでしょう。雨が多かった事も関係してるかな? 本日急遽やりなおしです。種は購入しまし今回は、マメを水につけない状態でそのまま植えてみました。前回のマメを腐らせた菌がたくさんいるのでリスク高いです。

わさび菜、ステムレタスを定植 わさび菜は、セルトレーまきで本葉3~4枚 3㌢苗を株間25㌢で2条植えとしました。 午後から雨で本日終了 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

耕運機水漏れ補修

耕運機ラジエター水漏れ補修に挑戦しました。前日に車用品店からラジエター水漏れ補修剤を購入してきました。 夕方から補修作業です。水漏れ補修剤は液状でボトル入り良く振って攪拌しイザ冷却水注入口から注入する。間髪いれず水を注入し、エンジンスタート!

ドドドッと始動、水がドボドボ漏れる「アー駄目かー」と思っていると漏れ量がやや減少する。まだ温度が低いのでエンジンONのままキャップをあけて補修剤と水を再注入。注入した水が減らない!これは良い。水温を上げる為、未だ草原の畑全面を耕運。 ドボドボ漏れが無くなりホットひと安心。畑も一回ですがかき回す事ができたので少し畑らしく見えます。あと石灰を投入して2回くらい耕運作業が必要そうですがまず一歩前進。 あくまで補修なのでまた漏れるかも 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

畑の方向

 里の畑は、元は田んぼで東西に長く ほぼ日の出から日没まで日があたる立地。 畝の方向は、南北になっている。本当は、東西が一般的ですが特に理由無く南北にしてしまった。現在も別に不都合も無いがキュウリやインゲンなど一部を東西に変えてみようと思案してますがもう時期的に間に合わないかもね。 山の畑は、夕方の日当たりに不安ありです。開墾中なので東西へ畝作りします。 じつは、生姜とアーティチョークは、南北植えにしてしまった。生姜の性質ではOKでしょう。でも早く気がついて良かった。 

耕運機タイヤ新品交換。ラジエター水漏れなんだか前より悪い。 車用のラジエター補修剤で試してみますが駄目なら少量の米糠でも突っ込んで補修してみましょう。ダメかー 

三菱 MR800S 三菱かつらディーゼル NM85Dscn2132

 Dscn2134 農機屋さんに相談してみよう水漏れ修理できるかなー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月23日 (水)

アーティチョーク定植

 アーティチョークを定植しました10株 苗本葉4枚 10cm 株間70~80cm(ちょっと狭いかも)穴を掘り堆肥を入れて土を戻して定植。 アーティチョークってなんだか丈夫そうなヤツ。所詮アザミのお化けじゃ、今後の恐ろしいほどの成長を期待しませう。 花が咲いて種なんか撒き散らしたらどんどん野生化しそうでまた怖い。花の摘み取り管理だけはしっかりしようとやや誓う。 フジアザミが日本で一番大きい花を咲かせるようですがフジアザミも蕾は食えるのか? いや食ってみるべきだ!など思う。 富士山、八ヶ岳でも見たな。やはり花は日本一を誇るデカさだった。 ジョーク! あんなトゲトゲ食べないですよ。

 夕方なので手早く適当な作業。 知り合いの人に大ゴミバケツ6個 収納箱等を「いらないから畑でつかいなよ」ってお譲りいただきましてそれを畑へ設置ついでのバタバタ作業となりました。 しばらく土の様子もわからんので実収穫より栽培試験場になりそうな予兆なんでも植えて成長の様子を観察します。酸性に強いスギナなどが生えて来たので酸性土であることは明白。ペーハー測定もしてみます。また測定結果UPします。

3株残してあるので大鉢に植えてみます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

微妙な復活で種まき

 腹の具合が悪くてダウンしてました・・なんか悪ものでも食ったのかなー 本日とりあず微妙な復活!? しかし今日は暑い!なんだいこの変わり様は、微妙な復活なで畑へ行く事はあきらめて庭で種まきをしました。黒モチとうもろこし 大願寿ゴーヤ 沖縄とうがん 沖縄島とうがらし 松本本瓜 ビニールポットor連結ポット蒔きとなりました。 ゴーヤ以外は、お初のメンバーです。 Dscn2171 Dscn2172 Dscn2169 Dscn2170

Dscn2167

と こんなお顔です。

すでに現在30種以上になってました。新耕作地が広いので暴走気味です。耕運機様の早期復活を願っております。

写真の種は、ほとんど松本の「つる新種苗」さんからネット販売で購入してます。あまり見かけない品種があるのと在来種と交配種がおよその種の粒数など明記されていて俺はうれしい。ページが落ち着いてシンプルで親切なのも好み。いつもおせわになってます。  もう4月も終わりそう2月に仕込んだ味噌の天地返しの時期となります。天地返しは味噌をひっくり返せばいいのかな。畑の天地返しと同じだろうか。。 初仕込み

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月19日 (土)

今日の作業と野菜の様子

里の畑 連日の雨で畑の草がボーボーです。エンジン草刈機出動で適当な刈り具合で終了。去年からの京菜やタケノコ白菜の花などをすべて整理して耕運機をかけました。秋に籾殻や落ち葉を入れた効果で土の柔らかさと色の違い今年は良いかも。

里芋、ジャガイモの芽が出てきました。 縦型に結球するコスレタスも大きくなってきました。  Dscn2161_2もうすぐ収穫できそう。 4月末から5月上旬かな シーザーサラダじゃ

ニンジンも本葉が伸びてきましたので少し混み気味の所を間引き作業。なんだか可愛そうなんだけど欠かせない作業です。Dscn2165 大きくなれー もう少し大きくなったらまた間引きです。ほとんど間引かれてしまうのです。 テープシーダー(種をテープ状に並べた物)なら無駄なし、手間なし 今度使ってみようと思う。

セロリがやっと芽を出しました。雨で流れてしまったのかとあきらめかけてた今日気がついた。発芽に時間がかかる温度が必要なのかも 小さい芽です。Dscn2163

これも間引きでで残るのは少しなんだな。暑さが心配

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

アーティチョーク栽培地決定

 アーティチョーク栽培を新耕作地(通称:山の畑)に決定しました。巨大になるようなので広い場所が必要です。多少土地に湿気があり、日向が向いている事と耐寒性もある様子なのでそのように決定。 少し堆肥などを入れる必要があると思います。収穫は、来年5月から6月で今年は株を大きく育てます。 今年も小さな花は咲くはずです。鑑賞用にします。

アーティチョーク苗も10cmくらいになりました。そろそろ植えつけです。野生の力でがんばってもらいましょう。 紫色のアーティチョークで茹でて食べるのに適しているようです。10株くらい植えてみましょう。収穫は1株で2つ取れると勝手に判断してますがどうでしょう。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

今年の新メンバー

 今年、栽培の新顔です。基本的に固定種、日本在来種を栽培するユルイ方針なのです。種を自家採取して次につなげられる品種を選定しています。 松本本瓜、黒もちもろこし、沖縄とうがん、島とうがらし、島ニンジンがメンバー入りします。 松本本瓜は、朝漬けや粕漬けなどに利用、黒もちもろこしは、スイートコーンなど無い時代に栽培されてた品種です。昔の人には懐かしいモチっとした触感のいわゆるモチキビです。 島シリーズは、ご存知と思います。新耕作地に導入して様子を見てみます。新耕作地は、夏は昼間と夜の気温さがありそうなので実菜系の味がよくなりそう。(イノシシ様だけ心配) 早く畑を作らんといかん 耕運機様の復活を。。手作業ではつらいぞwobbly(顔文字が入力できるんだ!知らなかったので早速happy02

そうそう 新耕作地の一画に木が植えられているのですがヤマモモが沢山あります。今、花ざかりです6月実が着けばラッキーですが雌雄異株なのでオス木 メス木がないと駄目なんです。実が出来たら収穫して出荷しようかなー ジャムも作りたいです。他よりひとまわり大きい山桃品種大実山桃 秀光(秀峰)(おおみやまもも・しゅうこう)(しゅうほう)

他よりひとまわり大きい山桃品種大実山桃 秀光(秀峰)(おおみやまもも・しゅうこう)(しゅうほう)

販売元:ガーデニングショップ四季の里
楽天市場で詳細を確認する

これ良さそう。 レジかごにそのまま入るタイプ

エコバッグ★大人気商品!ハレイワスーパーマーケットから素敵なエコバックが届きました。HALEIWA レジカゴ型エコバッグ 【エコバックstyle】 エコバッグ★大人気商品!ハレイワスーパーマーケットから素敵なエコバックが届きました。HALEIWA レジカゴ型エコバッグ 【エコバックstyle】

販売元:エコバッグstyle
楽天市場で詳細を確認する

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

生姜植え付け

Dscn2155x  新耕作地へ生姜3kgを植え付けました。赤土ですが若干の湿り気が多い畑でイノシシが出る様子なので生姜をまず植えてみました。 開墾の際に草を燃やした灰と苦土石灰を鍬ですき込み溝を掘り 魚粉+油カス+豚糞堆肥混合を投入し少し土をかぶせてから60gくらいの種生姜を30㌢間隔で植えつけました。芽が出るまで1ヶ月程度かかると言う事です。 土が酸性に傾いている事は間違いない様子なので酸性に強いらしい小玉スイカを一苗植えてみました。夏の暑いときに近くの川で冷やして食べてみたい。 ミニトマトも一苗植えてみました。まだ畑に程遠い状況ですがどうでしょう。 畑が広いので巨大かぼちゃもチャレンジしてみます。 耕運機様のタイヤを取り外しました。錆びがひどくハンマーで叩きつつ取り外しました。交換なんど2本で3万の見積もり・・・どうしよう。

Dscn2156

| | コメント (1) | トラックバック (0)

耕運機様2号 復活か!?

 耕運機修理工場へ行き耕運機2号の現状について爺様に聞きました。「それはたいぶお金が掛かってしまうかもしれん」、「パンクじゃ運び出せんな」、「タイヤはずして持って来い」、「タイヤはダブルの口の空気入れなら入るぞな」とのあまり積極的でない会話からの結論で駄目元でタイヤに空気を入れてみる事に

 ホームセンターにて500円くらいのタンク付きの手動空気入れ、ミニオイルジャッキ4t(4トンもいらんけど)、足場にコンクリートブロック4個を買い入れてその足で現場へ、4tのジャッキは、結局使えない高さで、車搭載標準ジャッキで持ち上げながらシュシュと空気を入れる。タイヤは、空気が抜けて折れ曲がっていたところがひどくひび割れてそこ以外は特に問題ない。「おお! 立派にタイヤしてるじゃん」 かくして歩行するんか。使ったこのない耕運機のミッションを入れてそれらしきクラッチレバーをONする。 ドドドーンと後退する。一瞬焦る。 後退にギア入れたみたいであわててクラッチを切りそれらしきギア位置へ合わせる。ドカドカドカと前進、 再びの「おお!!貴様動くではないかいな」、ローターは回転するのかチェック、錆びついたローターがグリグリ回る。 いじくりたおして操作を会得して早速。 草を刈った開墾地を耕す。調子よく5往復して4分の1ほど進んだところでいきなり、「パーン!!」 本格的にタイヤ破裂です。 んー参った。 タイヤ外しを試みるがレンチサイズが合わずお手上げ。 車軸とタイヤホイルが錆び付いている潤滑油とハンマーで叩きつつの勝負となりそうです。 日暮れ迫り本日終了。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

新耕作地 開墾

 新耕作地 開墾初日 エンジン草刈でススキ退治 ススキ根は、頑固でシャベルで掘り起こして退治いただきました。50株くらいあったのでは・・ 放置の耕運機もなんとかエンジンが息を吹き返しました。 ディーゼルエンジンって丈夫です。 タイヤがパンクで若干のオイル漏れがあります。 オイル圧が高い様子なので整備が必要かも。草を燃やして本日終了です。 まだ半分ですが

Dscn2145x  Dscn2135_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

ズッキーニの定植

 ズッキーニ(ブラックトスカ)を定植しまし た。 苗本葉3枚 2畝 株間80cm間隔14株を定植、深さ30cmほどに牛糞堆肥+魚粉+油カス+草木灰の自家製ミックス元肥を入れまして黒ビニールマルチとしました。 去年は、1畝を黒ビニールマルチ 1畝をワラマルチで栽培して比較してみまましたが黒ビニールマルチが1週間ほど早く収穫できたので今年は、黒ビニールマルチに統一してみました。 今年は魚粉を初めて使用してみます。即効性があるとのことですがカリ分が少ないので草木灰をプラスしてみました。

Dscn2131写真は、植えつける前の準備の様子です予め苗場所30㌢に元肥ががっちり入れてあります。ドドーンと成長する予定ですがどうでしょう。 前日の雨で畑は良い湿り気で水分不足はなさそうです。 5月中頃すぎに、収穫が始まるかも。去年は5月23日に6本収穫

肥料切れや実の成らせすぎで木が疲れるとうどん粉病の発生と感染が急激に広がります。あまり実を大きくさせないように収穫します。 収穫時に清潔なナイフやハサミを使ってスパッと切り離しましょう、ネジッてもぎ取ると木を傷めるので注意。 必ず丈夫な添え木を立てて小さいうちから紐で垂直に誘引した方が良いです。実がついて重くなり株がボッキリと折れて落ちている事があります。その様子はとても悲しい。 花が咲いてハチなどがいない場合は、朝に雄花を取り雌花に花粉をこすり付けて受粉させます。受粉しないと実が大きくならず小さいまま腐ります。 6月収穫ピークで7月終了となります。

ズッキーニうまいよー 俺もしくはわたくしの栽培ご紹介

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 9日 (水)

タケノコ芋

 タケノコ芋の種芋をわけていただきました。 里芋の仲間で縦に長く(25cmくらい)成長する芋で親芋を食べます。 京芋とも呼ばれる品種です。 収穫時に芋の茎の部分を少々長く残して収穫して土中で保存すると茎の部分も芋化するそうです。なんとお得なヤツ。種芋は里芋の小さいくらいの感じ。里芋とほぼ同じく栽培できそうです。わけてもらったこの種でうまく収穫できれば毎年楽しむことができます。 種芋をうまく保存できれば里芋類はお得。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

強風により

 昨日からの強風により 鳥虫避けの網トンネルが崩壊してました。 あの風は凄い。あれは台風か? 春にしては珍しいほどの雨と風。 あれじゃ雨を期待して前日などに種まきした人は、種が流れてしまったのではと心配する。 良いお湿りどころではないでしょう。限度があるでしょって言いたい。 草が乾くまでしばらく新耕作地で草刈できんなと思いつつあれこれ新畑について考えている。新畑は、標高が170mと今の畑よりやや高い位置なので作物が暑さ負けしないかもなどと算用してます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

新耕作地

Dscn2121  知り合いの方からお声がかかり新耕作地をお借りするになりました。 山寄りの数年放置の水田あと地 今は、ススキなどに覆われています。これはもはや開墾でしょう。木も少し生え始めています。でも人家も少なくロケーションも良いです。木が植わっている場所を含めると3反(修正:2反)くらいになるでしょうか。 小屋もOK、果物などもOKなのでなにか始めてみます。 なんだかわくわくします。気長に進めてみたいと思います。 どうもイノシシ様もいらっしゃるようで近くにヌタ場がありました。芋なんか作ったら多分食べられて駄目だろうと思います。荒地には最初芋がいいんだけど始めはちょっと無理かも。開墾を進めてから徐々に何が良いか検討します。 中古の耕運機まで使用させていただけると言うことで夢のようです。 まずこの時期に枯れ草の整理と耕運をして草止めが必要です。進捗を時々レポートします。Dscn2126  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

ルッコラの様子

Dscn2092  収穫中のルッコラです。柔らかな緑の葉がきれいです。15cmほどに成長してます。。今が一番おいしい。トンネルの中に15センチ間隔で縦に筋蒔きします。 ほぼ毎日サラダで食べてます。2月30日の種まきから1ヶ月ちょっとでこんなになります。今年で3年連続の栽培になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋 茶マメ 丹波黒豆 ステムレタス

Dscn2099 里芋の植え付け 畑に埋めて保存の去年の里芋を掘り出して小芋、孫芋をはずして選別を行い植えつけました。 小芋 孫芋 親芋も植えてしまいます。 親芋は、若干早く収穫できるようなので列の外側に植えました。 去年より広めの間隔で余裕の配置としてみました。今年は、追肥と土寄せ作業を強化して良い芋を作りたいです。品種がわからないのですがとても柔らかでおいしい芋で去年は好評でした。

Dscn2097_2 茶マ メ枝豆用 去年収穫の選別豆を蒔きました。今年は、初めてマルチで栽培してみます。25センチ間隔で穴を開けて 2~3粒を蒔きました。 里芋植え付け作業の2時間ほど水につけて水を吸わせました。(あまりパンパンに吸わせない方がよいと言うことなので) トンネルに防虫網をかぶせてカラス対策です。ビール対策に茶マメ枝豆 甘みがあります。無農薬 無化学肥料

Dscn2096_2  丹波黒豆を枝豆用 去年収穫の選別豆を蒔きました。 初のマルチ管理としました。豆の給水時間は、2時間です。

もちろん無農薬 無化学肥料です。

 ステムレタスの定植を行いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

島インゲン

 沖縄固定種の島インゲン 平莢で大きくなっても柔らかで豊産です。 最近の猛暑に備えて沖縄野菜を導入してます。今年で島インゲン種を自家採取で3代目になります。 4月ごろから種を蒔いて6月ごろから収穫し8月に根元に新しい種を蒔いて10月ごろまで収穫してます。と言うことは3代目ではなく種は、6代目くらいになっているって事が今わかりました。全くの無農薬でやってますが問題ないです。木が弱ると虫が入りますこれ自然の摂理。追肥をこまめにすると良いようです。木が弱ってきたらまた種を蒔いて世代交代してます。 大きくなりすぎた莢を残して種を取り乾燥させてまた来年。収穫初期の種の方が良い種が取れるようです。

畑の準備が遅れているので今年は、ポットへ蒔いて少し時間稼ぎ(3/30)

 島インゲンは、取れたてをさっと茹でてマヨネーズでいただきます。甘い汁が口いっぱいに広がります。ほぼ毎日収穫できます。(しなくてはいけない。すぐに巨大化)

ゴーヤ 島オクラ 島な などもやってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ステムレタス苗の様子

 今年お初栽培のステムレタス(茎は、山くらげとも呼ばれる) 苗が遅れながらも大きくなってきました。ほとんど加温しないで栽培してみましたがやはり遅れました。今日から数日ビニール袋に入れて加温してみましょう。

Dscn2081 園芸用の黒いかごに連結ポットを入れてビニール袋をかけて袋の入り口を折り込んでふさぎます。苗に水をたっぷりあげてから入れてね。間引きで2苗までに間引きました。

そろそろ週末ごろに定植かな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アーティチョーク苗の様子

 今年アーティチョークの栽培を始めて行います。2月26日に蒔いた種が発芽しました。すこし小さめのひまわりの種のような形状と大きさでした。ちょっと一見ビロード風(よく見るとビロードではないが・・)ちょっと白っぽい色です。大きな双葉が出現しました。本葉がチョロリと顔をのぞかせています。じゃっかん先が尖り気味でしょうか。アザミの一種だそうです。収穫までに2年栽培が必要との事。 1年目は、花を楽しみましょう。 一部を衣装ケースハウスに入れて加温してみます。いつ畑へ定植しようか考え中。 高さが1.5~2メートルになるらしいので場所も吟味しなければ。Dscn2085_2

一部は、鉢植えにして大苗として栽培してみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニ苗の様子

 ズッキーニが発芽し 本葉が出てきました。 今年はミニハウスが壊れてしまったのでぷら衣装ケースにて栽培してます。Dscn2083

これが以外と良いみたい。箱の横に底面から1センチほどの高さで数箇所ドリルで小さい穴をあけて1センチほど水が溜まるようにするとGOOD!蓋をして管理します。ホームセンターにたくさんありますね。

Dscn2082 もう本葉が出てきました。4枚くらいで畑へ定植を行います。残りは、プランターに植えつけて観察&収穫で楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »