« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月27日 (木)

落葉大量GET

落葉を大量運び込み。 山済みの落葉を大袋にパンパンに詰め込んで200kgくらい運びこみました。堆肥小屋の増設必至となりました。年明けに小屋の増設と牛糞堆肥も運び込んで堆肥小屋に仕込みます。また直接畑にすきこんで土壌改良を行い地力をつけたいと思います。田んぼ地なので有機質を入れてまず物理性を改善したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月15日 (土)

秋ジャガイモ収穫とほうれん草

秋ジャガイモの収穫となりました。品種は、インガのめざめ 春の種芋用に9月に植えつけての収穫です。 一個50g程度を種芋として選別し保管します。 来春3月頃にまた植え付けます。 数日前に12月初めに蒔いておいた ほうれん草が出芽したので風除けと保温効果を狙ってトンネルネットを設置し 隣に追加で一条新たにほうれん草を蒔きました。(いつ芽が出るだろうか) 12月ですが気温もあるのです多少期待してます。 何故かもう春の草が生えてますね。強い霜がまだ無いので春先の畑の様になってます。季節のメリハリがないなー 落葉堆肥作りの本日も山から落葉をデカ袋に詰めて持ってきました。やっと山も落葉が多くなってきましたね。 写真インカのめざめDscn1813

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月12日 (水)

木酢液が気になる

 先日、ホームセンターへ木酢液を買いに行ったのです。勿論いろんなメーカーが種類も豊富 木酢液は、木を炭にする際に発生するガス中の成分が冷却されて液状になったものです。平たく言えば炭焼きの副産物なのです。 液はペットボトル状の容器で販売されて裏に原材料の木材と抽出炉の記載があります。 原材料 木酢液その1の記載  木・マングローブ 木酢液その2の記載 孟宗竹 木酢液その3の記載 ウメバカシ となっていました。 値段は、その1<その2<その3の順で高い値段で容量同じ。 マングローブってのが気になった。熱帯~亜熱帯地方の河口汽水域の塩性湿地に生育する森林 当然切り出して原材料にしてるのでしょう。安いバーベキュー用の炭なんかにも使われている。ウメバカシは、備長炭の原料にも使われで森林は国内では長年管理調整されている。孟宗竹は、伐採後の回復が早く 逆に伐採して管理しないと弱体化する。 それで今回は、マングローブが超気になって落選。 孟宗竹が原料の木酢液(竹酢液)を購入となりました。 ウメバカシの木酢液がベストとも思いますが今回は、竹酢液をためてしてみたくなりまして選択しました。炭もバーベキューなら国産ナラ材品をおすすめします。火力火持ちがよく炭の需要は、良い森林の管理を持続してもらえる効果もあるんですヨ。今回の竹酢液は、畑に蒔いて土壌改良と堆肥化促進として使用してみます。よく見て知って選ぼう。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 6日 (木)

銀杏の危険な芳香

 銀杏の季節です。白い殻の中から緑の銀杏 種だけになっても微妙に危険な芳香をかすかに漂わせて誘惑します。 晩のおつまみにと紙の封筒に入れて電子レンジでチンします。 パンパンドカドカ 殻の弾ける音がする。レンジを止めるタイミングは経験で入れた銀杏の半分くらいの数がはじけた頃と勝手に納得。 アツアツを口にほおり込むと粘りともグミの様な感触で濃厚な味が広がります。塩でね。 ビールもね。 まだ弾けてない実をイジイジしながらもう一杯。 よくお寺なんかへ拾いに行ったことを思い出します。

世界的にはマイナーリーグな食べ物じゃないかな銀杏の分布は中国、日本くらいかもね、中国料理に銀杏使うかな?炒め物にあったかも 売り込み次第ではメジャー昇格もありえそう。だって旨いじゃん。 銀杏は雌雄異株で種の形で雌雄判別できるらしい。三角形みたいのか雄種と聞きましたが確かに時々三角形型あるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月 1日 (土)

落葉の季節 落葉集めて堆肥作り

 急に寒くなり落葉の季節となりました。午後から堆肥用の落葉集めに出かけました。ドデカ袋満杯に詰めこんで2往復 畑の堆肥小屋にどんどん入れていきます。ボカシ肥料をサンドイッチ状態にして水をまいて足で踏み固めます。今日は、七割までとなりました。全然足りません。今年は堆肥コ小屋を増設する必要がありそうです。今回は(クヌギの葉)がほとんどです。公園の葉っぱの山が宝物に見える今日この頃。 葉っぱちょうだい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

里芋土埋けとほうれん草蒔き

里芋を全て掘り起こし 大株を土へ埋けました。 畑の隅に四角い穴を掘りモミガラをいれ芋を株ごと逆さまに並べて更にモミガラを入れます。上に藁をならべて土を盛りビニール袋(肥料などの空き袋)を一番上にひいて更に土をかけます。親芋と小芋を来年の種芋とします。追肥は二回くらいしたほうが小芋の付きがいいようです。

ほうれん草の種を蒔き忘れていたので思いつきで蒔きました。(次郎丸) 大根の後にボカシ肥料を入れて耕し石灰をかなり大量にすき込みタネにも石灰をまぶして種まきします。酸性土を極端に嫌う様子で去年は、石灰不足で根張りが十分でなく成長しませんでした。ビニールトンネルも必要かも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »