トップページ | 2006年9月 »

2006年5月30日 (火)

下畑 急遽肥料入れ

下の畑のカボチャとモロコシへ堆肥を入れる。 下の畑(下畑)に植えているカボチャとモロコシがかなり緑が薄いこれは肥料切れと判断し急ぎ堆肥を一輪車へ積みこんでそれぞれの根元に入れた。根の伸びが悪い、特にモロコシは、ひどい、ポットから植えたままのような状態のものもあって今後の推移を見守りたい。これで駄目なら土壌の酸性度が改善されていないかも。

普通の緑カボチャ:25本くらいかな 白カボチャ:8本くらいかな 競技用ジャンボカボチャ4本

ジャンボカボチャ(アトランティック)は、植え付け時に40センチほどの穴を掘り堆肥をたっぷり入れてあるので今のところ肥料切れの様子はありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

日照不足&アブラムシ忌避対策

ホームセンターで風呂の湯に銀色シートを浮かべて冷めない様にする商品が98円であったので3つ購入。これをトマトと胡瓜の支柱の下に並べて飛ばない用にシート固定棒で固定した。下から光の反射で日照不足に対抗できないか試してみる事にした。アブラムシは光るものが嫌いと何かで見た事があるので一石二鳥ではないかとひとりニヤリとする。

雨ばかりすごいのでシートの防水効果で「無用な雨の進入も防げる」と三鳥目も夢見る。果物畑の木の下に銀色のシートを見たことがあるので何か効果があるのでは。何事も試して駄目ならまた試す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月28日 (日)

瓜虫への心理攻撃の結果

ヤツへ(瓜虫)への心理攻撃の結果は、微妙。実力行使を検討する。木酢液になにか混ぜてヤツが食べた葉っぱ「マズイ」と感じさせる味付けをすればどうだろう。マズイ味攻撃へ路線変更する。この路線の向かう方向は、正しいのだろうか。とりあえず行ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴーヤ&モロコシ直蒔き

午後天気が回復した。上の畑にゴーヤ種直蒔き。 畑を鍬で耕し20センチの深さに元肥に牛堆肥を仕込み畝を10センチの高さにする。20~30センチの間隔で5粒を蒔く。竹棒にて支柱を作成しネットを取り付けた。

下の畑にモロコシ種直蒔き。 2列に約30センチ間隔で蒔く。50から60粒ほどか?肥料を入れていないので発芽数日にて追肥をする事。 1週間前に苗で植えたモロコシは、緑色が薄くあまり元気がないポット苗が肥料切れしていたものを植えた上に畑もあまり肥料を入れていないためか。植え付け時に鶏糞と油粕を苗の周りに施したが効きがイマイチかも 今週いっぱい様子を見て追肥作業が必要かを決めよう。そのころには、今日蒔いた物が発芽していると思う。

 上の畑に2週間前に植えたモロコシは順調そのもので脇芽欠きを行なうほどの勢い。こちらは畑に鶏糞、牛糞堆肥を春先から大量にすき込んでいるこの差は歴然と現れている。

下の畑は、10年耕作していない草だらけの田んぼを耕運機で起してから3週間くらいで未だ石灰をまいただけで肥料を入れていないすごく広い田んぼ。このような畑の初作物はどうなのか学ぶ良い機会に恵まれた。 こちらは土づくりもゼロからのスタート楽しみだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月27日 (土)

本日の収穫 2本+ミニ

0527_ 今朝収穫したズッキーニ 昨日より大きいもの2本。右の小さい物は一番初めに花が咲いたものです。授粉していないので大きくなりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

初物収穫ズッキーニ

Photo_4 初物収穫しました。油で焼いて塩コショウで味付け朝ごはんのおかずとなりました。ごちそうさま

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓜虫殿参上

Photo_3 むむコヤツ 俺のズッキーニの葉に風穴を開けたなー  直径一センチにも満たない赤茶色の硬い殻(細長いコガネムシ風)のヤツです。 葉の上に乗りグリグリ葉を丸く切り取って行きます。そんなに大きく切り取らなくてもいいのにトテモ効率の悪い食べ方です。しかも近づくと思いもよらず素早く飛んで逃げるので目端が利くヤツです。 退散願いたい。

農薬は使いたくないので竹酢(木酢液)を薄めて散布。効果があるやら無いやらヤツは、一時撤退を決めた様子です。普通に逃げたように思えるが一応勝ったと勝利宣言。

ヤツの目が良い様子なので竹の棒二本間に荷造り用の白い薄いリボンを結んでズッキーニの上15センチくらいを渡るように設置。アルミホイルで作ったヒラヒラをぶら下げてヤツへの心理攻撃を実施しています。効果があるやら無いやら 近づいた時のあの逃げっぷりは、逃げるが勝ちを実践しているようす。こちらは既に敗者なのかも。瓜虫殿退散願います。 心理攻撃の結果はまた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ズッキーニ育成中

Photo_1 ズッキーニ 育成中

ツルなしかぼちゃです。育成温度:18~25℃ ちょと涼しいくらいが良いようです。

いま盛んに黄色い大輪の花が咲き初めています。雄花と雌花があり雌花の軸は既にミニズッキーニようなふくらみがありここが大きく成長します。雄花のオシベを雌花のメシベへこすり付けて受粉をします。受粉をしないと実が大きく成長しないとの事です。花は早朝から咲き始めて午前中で萎んでしまいます。蜂などの昆虫の媒介で自然受粉してくれればいいのですが蜂も飛んでいる様子がないので早朝起床で畑へご出勤しています。

Photo_2 一株が直径1メートルくらいの範囲に大きな葉を広げます。ちょっと成長の度合いを甘く見ていたので株と株の間がを狭く植えてしまいました。よって大混雑になっています。学ぶところです。 苗も種からポット鉢で育成して育てました。記録もかねて書いておきます。

土:種まき専用土(水はけの良い繊維質がない物が良い)に腐葉土を1割程度混合してお きます。種まき専用用土は意図的に養分を加えていませんので少し養分を足してみました。途中で植え替えれば良いのですが専門業者ではないので簡単な方法をとりました。

ポット鉢:何号少しでも大きいポットの方が育成がよく育ちます。根の張りが成長度合いに影響する事が比べてみて良くわかりました。(これポイント)

水やり:用土表面が少し乾いたかなと言う所でたっぷりあげました。

おき場所:直射日光下。発芽前まで気温が低い時は、ミニハウスなどでポットの温度を上げてあけます。双葉から本葉が1枚程度生えてきたら表へ出して育てます(ポイント)ずっとハウスで育てるとひ弱なしっかりとした苗にならないです。

3月末ごろに遅霜にやられ。風でミニハウスが倒れてつぶれるトラブルがありましたが何とか畑に移植できました。

畑の件は別記事に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年9月 »